カレンダー
2017年9月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
訪れたお客様
 
 
 

左官屋

                                                クリック ページ印刷


左官屋さんの話、左官屋さんは現在も現業でご商売をされていますが、非常に少なく(高級な部類に)なった、竹組み、漆喰、土壁を手と鏝一つで作 り上げる左官職人、今は家を建てるときに使用する壁の部材は色々と綺麗で便 利な部材が沢山あるので、鏝を振るっている姿などほとんど見ることは出来なくなってしまいました。

いつものごとく、時間を少し戻して見ましょう。新しく家を建てるときに感じ るなんとも落ち着くほのかな香りがありました。木材と一緒に藁(わら)と下 塗り用の壁材の湿り気を帯びた土の香りが必ず言っていいほど漂っていました。家の骨組みが出来て外壁の下地の板が打ち貼られ、屋根の部分に瓦を葺く作業 が始まると左官屋さんの出番です。

一般の木造住宅の場合は外壁からの壁塗り 作業(外壁はセメント)で、盾のような取っ手の付いた手作り壁材を乗せるための道具と鏝を持ち不安定な足場の上で手際よく鏝の腹の部分に壁材を取り分 け押し付けるように塗りこんでいきます。 この作業、見ているととても簡単に見えるのですが、実際に作業をさせてもら うと同じようにやっても全然と言っていいほど材料が壁に付きません。※以前、実家の立替工事のときに実際に体験作業を1日させてもらいました。

手首と体のリズムを感じ取れば出来るよと左官屋の頭(かしら)に言われたのですが、付け焼刃では無理がありすぎました。屋内の壁材は赤土の下地と漆喰で仕上げます。畳一枚分くらいの箱の上に丸太を渡しその上に取っ手のついた大きなふるいを乗せ手際よく土を入れふるいにかけます。その中に、藁(わら)を刻んで入れ混ぜ合わせていきます。

この作業と同時に別の職人は壁の下地となる部分を細く裂いた竹を格子状に組み上げていきます。一方の土をこねる職人は土と藁を良く混ぜ合わせてから水を加えて練り上げます。ムラのないように手早く練り上げ、何度か盾のような道具の台に鏝で取 り分け試し塗りして固さを調整してからバケツで取り分けして本塗りを行います。見ていてもいえぬリズムで塗り上げていきます。綺麗に平らによく塗れる なと思うくらいに感覚が鋭いです。

幾日かたって下塗りが乾いてから、仕上げの漆喰を塗り上げますがこのときには年季の入った職人しか作業をしません。材料はきめの細かな材料を薄く筋のつかないようにそれは見事に塗り上げます。作業も真剣そのもの、経験と感で真平らに塗り上げる技術、今はもうほとんど見られなくなってしまった技術と光景これも時代の流れでしょうか。左官屋さんの技術の中にもう一つ特殊技能の芸術「鏝絵」というものもありますが、これは別の機会に書きたいと思います。

Comments are closed.