カレンダー
2017年9月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
訪れたお客様
 
 
 

昭和三十年代、ある夏の縁日

ブログ > むかしぶ > 昭和三十年代、ある夏の縁日
                                                クリック ページ印刷


e8ab8fe8a8aae7a59ee7a4bee7b881e697a5e9a2a8e699af 1 300x195 昭和三十年代、ある夏の縁日 子供たちの夏休みもそろそろ終わる頃、諏訪神社のお祭がやってきます。毎年、祭りは行われますが今年は四年に一度の大祭、大人も子供も何か落ち着かない、祭りの一週間前になると町内のあちこちに「社務所」が町会の担当者の人々によりの設営されます。 また、それと同時に各家の軒先に、粋な半纏と地下足袋姿の鳶の親方と若い衆がリヤカーを引きながら、祭りの提灯とお飾りを飾るための鍵形をした木で作られているものを軒先に取り付け行く、その後を付いて行き取り付ける工事を観察するこの辺りから頭の中は祭り一色。

※写真は現在です。 さあ、祭前日わくわくしながら諏訪神社へ朝から見に行くのです。まだ、前日と言うのに何でと思われるでしょうが、境内の飾付けなどの仕事を見るのも楽しみの一つなのです。 神社の階段に陣取り、駄菓子を食べながら神楽殿の飾付けを見たり、縁日を取り仕切っている世話役、他、その筋の関係者たちによる「露店の地割」を見るのも好きで、もうここからが、縁日の始まりのようなものですから日が暮れるまで見ていました。 見世物小屋などは、小屋を作ったりするのでやはり前日から用意をしていたりして結構楽しい日になるのです。 得することもありました。昼前からいるから、当然、せわしなく働いている人達の目に付く、皆が休憩でお茶を飲んでいるときに、お菓子のおすそ分けを貰えたりすることもありました。

そして、夕方日が暮れる頃自宅に戻るのです。夏休みも終わりの頃ですから、当然やらなければならない宿題も残っていますが、ぜんぜんやる気は無い。頭の中は明日の「縁日」で一杯ですから、親に怒られるのもあたりまえ。 何とか、小言の嵐をやり過ごし近所を一回りしてから明日のために早寝をします。朝日が昇ると同時に起きてから朝御飯も食べず、一度、神社に見に行きます。※自宅から歩いて10分でした。 続々と、露天商の人達が来ています。お決まりの場所から高みの見物で暫く眺めてから家に戻るという。親もあきれるほどの縁日好きでした。当時、本祭りの時などは商売をしている我が家は休業にして神輿の来るのを皆でのんびりと待っていました。

当日は、小言も言われることも無く特別な「小遣い」も貰えるいい日、この小遣いをもとに2日間をどう過すかが重要。お社の本殿に近いところから露店を一件一件のぞきながら品定めをする。諏訪神社のお社に近いところ(現JR西日暮里駅)から縁日の終わりが日暮里駅近くまで当時は続き出店数は判りませんがかなりな数がありました。 本殿階段近くに店を開いているのが「砂糖菓子」の露店、砂糖を固めて着色してあり小石、岩、鯉、灯篭、山、貝、魚、等の形と色合いで箱庭のように飾ってあるのです。正式な名称は判りませんが、小石の形をした小さな物意外は結構値段は高かったので縁日の商品ではなかったように思えました。ここはいつも見るだけだが、とても綺麗でした。 その隣は、杏、りんご、みかん、すももなどを水飴で包んでくれる露店、このタイプは今も健在ですね。何処にでもある露店で、当時はルーレットを真似たくじがあり、当たるとその賞品(あめ)をくれた。

ルーレットといっても棒の中心に穴をあけてくぎで打ち付けただけの棒を手で回し、その棒の先が止まった台のところに書いてあるだけの簡単な仕掛け。 でも、これを買うと手がべとべと(食べるのが下手なだけ)になるのですぐには買わない。値段も安く、美味しいがすぐに垂れて来るので手が忙しくなり自由がきかなくなるので最後の最後帰るときに買う。そして、参道をはさんで少し奥に入った場所に呼び込みの声も大きくゴザとむしろと木の柱で組み立ててある小屋が立っている。これは見世物小屋です。 よく、笑い話にされる出し物のちょっといんちき臭い興行「さー、よってらっしゃい。みて、らっしゃい。」の、あれです。でも、何か憎めなかった。だれも、文句を言う人はいなかったから、皆「何だ」と思いながらもそれなりに楽しんでいたのかもしれない。本殿を背に参道を日暮里駅方向に見ると、もう、それは盛観でした。長くまっすぐに続く通路の両側にも露店が隙間無く商いを行っている。また、日に何回かは、お神楽のお披露目もありなんともいえない雰囲気に興奮状態で歩き回っていました。 e8ab8fe8a8aae7a59ee7a4bee7b881e697a5e9a2a8e699af 6 195x300 昭和三十年代、ある夏の縁日 諏訪神社に通ずる裏階段と呼んでいたわき道の上がったところに「文化フライ」と言うさつま揚げのようで何とも素材が判らない美味しいフライがありました。

一回十円で先のルーレットで出た本数もらえるですが、不思議と一本しか当たらなかった。※ここに出た文化フライの後述説明は少し現代の話になります。関東の狭い範囲でしか販売していなかったので「文化フライ」をご存知の方は少ないかも知れませんが、つい、近年まで店を出していた方がいました。体力的な限界で引退宣言したら、やめないでほしいと復帰願いがきたそうで現在、ほしいと言う方に通信販売で販売をしてくれるそうです。 文化フライを食べ歩きながらキョロキョロ、喉も渇く、で、今度は「氷水」と呼んでいた露天に行く、大きなガラスの入れ物に色が付いている水が入っていて、そこには大きな氷が浮いている、一杯十円、赤(イチゴ味)、黄色(パイン味)、緑(メロン味)の3種類、紙コップにステンレスの大きなひしゃくで入れてくれる。 今で言えば「清涼飲料水」です。

この「氷水」の露店も多かったが、店によって味が全然違うので、決まった店でしか買わない。氷水に入れるシロップはカキ氷にかけるものと同じ物をただ水で薄めた単純な飲み物でしたが、やはり夏の炎天下には美味しい飲み物。 一息つくと、今度は針金細工の露天に行き買わないで見物しながら話を交わす。結構、おじさんとは仲がよくて非売品の細工物(試作品)を貰ったり出来た。休憩後、今度はコルク鉄砲の「射的」をする。自慢できるくらい、射的の腕前は結構なものでしたので、打ち落とした商品をもらえるが高額品等は物理的に取れないのは判っているので、飴、こけし、泥人形、シガーチョコ(煙草デザイン)が打ち落とせるものだけ。

射的の露店も商売ですから、そう簡単には取られないように商品の乗っている台を手前に傾けてある、当たっても中々、向こう側には落ちない。だが、板のたわみで真中のあたりは意外と傾きも少ないところがある、そこにある商品の天辺よりも少し下を打つと落ちる。なんと言うこともない物でしたが、鼻高々で仲間に見せたものでした。 他に、輪投げ、ひもの先に商品が付いたくじ、ヨーヨー釣、金魚すくい、雷魚釣、形抜き等の商品の取れる露天もありました。 参道の中心位のところで色鮮やかに飾られているのが「ハッカ菓子」の露店、セルロイドで作られた人形やパイプ、ここも一通り眺めて次の「布張りの飛行機」を売っている露店、見た目はよく出来ているが高価であるのと、なぜか絹のような布が翼や機体の胴の部分に貼り付けてありゴム動力でプロペラが回り飛ぶような構造にはなっていた。だが、飛んでいる所など見たことが無いから「あれは飛ぶのかな?」と仲間内でよく話をしていた。

今度は、臭いにつられて行くのが「のしせんべい」練炭の入った火鉢に餅網があり、その上でわらじのような形のせんべいの生地をあぶりながら木のへらで押し付け、焼き上げていくとどんどん大きくなっていき、もと生地の四倍くらいまで大きくなる、その焼き立てがまたうまいのです。ほんのり甘く、軽い歯ごたえは何かとても満足できる菓子でした。また、生地だけの販売もしており持帰りの土産でもよく買いました。 境内を抜けるころにあるのが、「海藻のホウヅキ」の露店、見るだけでしたが原色の色とりどりの海藻?で珊瑚の大きくいろんな形をした貝の受け皿に飾ってありました。どちらかと言うと、女の子が多く集まる露店でした。 ただ口に入れて「ビュービュー」と言った音が出るだけの物をなぜ買うのだろうかと、不思議に思っていました。

この隣が「綿菓子」の露店、ザラメを入れると白い糸のようなものがくるくる廻る機械の脇から出てくる、そうするとおじさんは割り箸を入れ、クルクルと糸のようになった綿菓子を巻き取っていくのでした。 ※ 十年ほど前、直接香具師の方に聞いた話で、簡単そうに見えるが意外と難しい、技術が必要な職業だが利潤も高くいい商売だそうです。この方、弟子を一人使っていました。(代田橋の縁日) 変わったものでは生き物も縁日の露店として商売をしていました。金魚や今風の養殖のカブトムシではなく「丘ヤドカリ」と言う沖縄以南で丘に住んでいるヤドカリです。ホウロウの白い洗面器をいくつも並べ、真ん中に木の梯子が置いてありヤドカリが群がっている、小さなものから大きなものまで豊富にある。なかなか愛嬌のある顔でしぐさも愛らしく何となく眺めているのもいいものでしたが、あまりしつこく見ていると「買わないのならあちらに行けと」どやされるのも常でした。 e8ab8fe8a8aae7a59ee7a4bee7b881e697a5e9a2a8e699af e5af8ce5a3abe8a68be59d82 300x195 昭和三十年代、ある夏の縁日 このあたりがちょうど富士見坂のあたりになります。

今は名前だけになってしまいましたが、この当時は坂の上から見ると富士山が真正面に見えました。 余談ですが、この富士見坂を突き当りまで下り、左に曲がって少し路地を幾つか歩いたところに落語の五代目(故)古今亭志ん生の家がありました。 このあたりに来ると毎回、大人も子供も並んで待っている繁盛店が目に入ります。 「タマゴカステラ」と書かれたのぼりがひらめくき、近づくと香ばしい甘さを含んだ何ともいえない香りで、少し大掛かりな設備でなにやら忙しそうに焼いている。 一口大の卵形のカステラを焼いているだが、いくら焼いても間に合わない位売れるのです。筆者もこれは並んで買い求めます。値段も安く焼き立てを食べられるのと、腹持ちもいいので良く食べました。

このベビーカステラ今も健在のようで縁日などで見かけることがありましたら、ぜひ、買い求めて食べてみてください。おいしいですよ。 カステラの袋を手に持ち立ち寄るところは「七色とうがらし」の露店、なぜとお思いでしょう。口上と仕草に特徴があるからニヤニヤしながらただで見物。一つ一つの素材を丁寧に説明してくれるし、唐辛子を入れる入れ物を見るのも大変興味がありました。本物のひょうたんで出来ているもの、木を加工した小槌、角樽、樽、細やかに彫刻された物、色々な形があり今と比べると細工仕事も丁寧な加工が施されていました。今振り返ると、随分大人びた子供でした。 ガラス細工、色の付いたガラスで動物を形どった小さな置物のようなものを沢山並べている店、当時としてもかなり時代遅れのような木目込み人形を売っているおじさん、毎年同じ場所に店を張り、なぜか威勢のいい声で、呼び込みをしている。売り方もすごかった。人形同士をたたきつけながら壊れないことを強調する。特徴は、間接が動くと言うことを艶っぽい男と女の組み合わせで表現していた。 e8ab8fe8a8aae7a59ee7a4bee7b881e697a5e9a2a8e699af e381a0e38293e381a0e38293e59d82 300x195 昭和三十年代、ある夏の縁日

そして、日暮里駅まで抜けてくると、今度は、根津の方に向かい谷中銀座(谷中銀座商店街)まで遠征し何となくうろうろしながら一通り用も無いのに見物し、また、来た道を引き返していくのです。いよいよ、目をつけておいた露店を目指し、品定めをしておいたものを買い求め、遊びの道具であれば道から外れた広場で日が暮れるまで遊び、夜になると、これがまた、昼とはぜんぜん違った雰囲気がありもう子供ながら、その人込み中にいるだけで満足していました。 この頃には、小遣いも底を付きますので、一度、家に戻り小遣いを再度ねだりに行くのでした。家族も祭りのときは寛大で、小言も無くもらえる。 再度、カーバイトの匂いと揺らぐ炎でほんのりと明るい光の帯と浴衣の柄が河のように見える雑路を目指し、新たな夢を買いに出かけた夏の一日。

※縁日全部を紹介できず、はしょって書いていますが補足として紹介すると、ノシいか(するめいかコンロで軽く焙りローラーで伸ばしてくれたおつまみのようなもの)、木工細工(木片で玩具を作って販売)、吹き矢(紙筒で出来た吹き矢)、十徳ナイフ(色々の機能の付いたナイフ)、お面(現在の露店同じ)、ガス風船(当時、水素ガスの危険なものもあった)、起毛の付いた針金細工(色の付いた起毛が付いた針金で人形など)、ベッコウ飴(薄茶色の飴を割り箸の先に型抜きした飴の付いたもの)、カキ氷(今と同じ)、氷ボンボン(ゴムで出来た入れ物の中にジュースのようなものが入っていて凍らせたもの)、拡大機売り(小さな絵を元になぞると大きく同じも絵を描ける道具)、カルメ焼(今もある砂糖を煮詰め重曹で膨らませた菓子)

色砂絵(色の付いた砂を、糊のような水溶液で下絵を描いて色の付いた砂をかけて絵を描くもの)、コリントゲーム(大きな板に釘が打ちつけてあるパチンコの簡単な様式のようなもの)、鯨尺(尺・寸が計れる竹の定規)まだ、ありますが切が無いのでここいらでお終いにして、詳しくは筆者発行のメルマガなどで紹介していきたいと思います。 ※ カーバイト自体は石のようなもので、これを水に入れると化学反応を起こしアセチレンガスが発生します。このガスを燃やしてランプのように使用できるのがこの当時の照明でした。裸電球の照明もありましたが、そんなには多く付いていませんから各々でカーバイトを使用していました。 ※写真:平成18年8月大祭スナップ

Comments are closed.