吉祥・招福

平成22年酉の市

 

平成22年酉の市

一の酉 11月7日(日)午前0時~24時

二の酉 11月22日(金)午前0時~24時

酉の市各所

写真:浅草鷲神社

更新がまたも年間単位になってしまいました。ていたらくで申し訳ありません。言い訳になりますが、こんな状況下「仕事」は不景気知らずの貧乏暇無しです。職人さんの世界では厚生労働省より「現代の名工」の認定を拝受いただけたお客様や、パン職人の世界では新たな取り組みに業界各方面から、注目、支援いただきながらの実務レベルで「人づくり」と「仕組みづくり」を行っております。

 

公開はしておりませんが、テレビで番組に採用された取り組みも多々あります。「黒子」に徹する万屋(よろずや)家業、ジャンルは違いますが大きなイベントのホームページもご指名頂き管理を委託されております。つい最近までは、自身の後継者育成も手がけておりましたが訳あってファームは解散。

 

つい先日還暦を迎え、この先の残された時間で何処まで自身の考えを遺せるか真剣に取り組んでおります。また、なにより優先しなければならない重要事項?「いいものにっぽん」のホームページ完成、どうにも頭の切替が出来ず、ずるずると「そのまま・・・」が続いております。ご来訪いただける皆々様にはご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

お酉さまへ行ってきました。(鷲神社)

 

お酉さま 一の酉へ行ってきました。混雑を避けて少し早い時間に歩いたせいかゆったりした気持ちでお参りと見物?できました。20年ほど前との比較ですが、お酉さまの時期は足下から底冷えし吐く息が白く漂い、それぞれに防寒を施した服装で雑炉を歩いていた時から比べると、何とも暖かな?

 

境内からは威勢のいい商いができた「よーー」の声とともに手打ちが聞こえてきます。ちょうど通りかかったところで、和服姿のきれいどころの方々が大きな熊手を買ったところでひときわ目立っておりました。商い成立の時の口上が耳に入り何でも銀座で夜のご商売をされている方々のようでした。

 

個人的見解ですが、やはりその場所に和服は合いますね。時の風情を感じただけでも御利益でしょうか。本業そっちのけでのひととき・・・。縁日、店数はすごく多いです。だが、食べ物屋さんばかりで私の好む香具師(手職)の方は一人もいませんでした。

お酉さま

 

もうすぐお酉さま、もうこの年も最終に近づいてしまったとしみじみと 感じるような歳になった。ちと、最近感ずること年々温かくなっている。 お酉さんの季節は耳がちぎれかと思えるくらい寒かった。ここ数年来、そのような寒さを感じなくなったように思う。

 

世に言う地球温暖化なのか、気温は上がるが景気は上がらない、と、オヤジギャグのように例えてみてもしょうがないが… 浅草から鷲神社に向かう道すがら大きな熊手を抱えている人も年々減ってい る。これも、不景気の影響なのかと思う。熊手を作る職人さんたちも鷲神社の近 くにはほとんどいなくなってしまったようで、これも時代の流れなのか、歳のせいなのか。考えることも老けてきたような…

鷲神社    鷲神社
大熊手

平成21年酉の市

一の酉 11月12日(木)午前0時~24時

二の酉 11月24日(火)午前0時~24時

酉の市各所

写真:浅草鷲神社

お閻魔さま 御開帳

 

1月15日 北千住にある勝専寺の「お閻魔さま」の御開帳へ立ち寄りました。北千住駅から徒歩5分ほどの所にあり、縁日の出店数もそこそこ出ております。
境内へ向かう道    境内      掲載    
閻魔様



閻魔開き(えんまびらき) 1月・7月 15日~16日 御開帳

場所:東京都北千住1-11

 

 

金刀比羅さんへ行ってきました。(虎ノ門)

 

霞ヶ関1月10日 「初こんぴら祭」を一度見ようと出かけてきました。

お天気はからっと晴れて最高(写真:虎ノ門交差点)。官庁街とオフィス街の混在する街に位置する金刀比羅さん。お目当ては、縁日の状況と七福神(仮装)。

 

縁日の出店状況はやはり期待する程の事もない状況で寂しい限りでした。また、もう一つの楽しみ「七福神」の行列は、時間になれど待てど待てども始まらずで、こちらの時間切れとなり他所へ移動せざる得なくなりあきらめました。境内の雰囲気、新しく改装されている部分もありますがビル街の中にあるタイムスリップしたような空間は見る価値十分です。特に、銅で造られたお社の前に建っている鳥居は珍しいので必見!!


お社正面
お社正面
  金刀比羅宮
金刀比羅宮
初こんぴら祭
初こんぴら祭
縁日風景
縁日風景
初こんぴら祭
初こんぴら祭


金刀比羅(虎ノ門)

場所:東京都港区虎ノ門1丁目2−7