「むかしぶ」へ毎年12月28日は「杵」と「臼」を使って「餅つき」、我が家の年末恒例行事、この日は家業の洗濯屋は忙しくても休業していました。

 

隣のご近所さんに「杵」と「臼」がありますが、餅をつく人がいないため12月28日にセットでお借りし、我が家の祖母と母は前日から餅米をとぎ一升ずつ小分けして下準備を行います。男衆は、住み込みの職人さんから父親、兄たち総出で早朝か「ぺったん、ぺったん」と交代でかなりな量を作るのが恒例となっていました。「下町の餅つき」のお話はこちらで詳しく書いています。