昭和の縁日 命 「丘ヤドカリ売り」

 夏の夜空を提灯の灯りが幻想的に照らし、縁日の活気に満ちた喧騒が子供たちの心を熱く焦がします。その中、ひときわ異彩を放っていたのが丘ヤドカリの露店。白い琺瑯(ほうろう)の白い洗面器に小さな梯子もある中、ぎっしりと詰め込まれた丘ヤドカリたちは、色とりどりの殻を身にまとい、宝石のように輝いています。

 水面に反射する提灯の灯りが、まるで万華鏡のようにキラキラと光り輝き、子供たちの目を惹きつけています。威勢の良い声で客引きをする露店の主人は、長年培ってきた丘ヤドカリへの愛情と、子供たちへの優しさで溢れています。彼の笑顔は、夏の夜空の星のように明るく、子供たちを温かく包み込みます。

 子供たちは、水槽に顔を近づけ、熱心に丘ヤドカリを観察します。小さな体で大きな爪を持つ愛らしい姿に、子供たちの目は輝き、心を奪われます。中には、そっと手を水槽に入れて、丘ヤドカリをそっと手に取る子供もいます。小さな体が懸命に動く様子に、子供たちは驚きと感動を覚えます。

 家に帰ると、子供たちは丘ヤドカリを大切に飼育します。小さな水槽に砂や石を入れ、餌を与えます。子供たちは、丘ヤドカリが活発に動き回り、水槽を彩る様子を、目を輝かせながら眺めます。餌を食べる姿、砂を掘る姿、仲間と戯れる姿。一つ一つの動作が愛らしく、子供たちの心を和ませます。

 夜になると、子供たちは丘ヤドカリの寝ている姿を見て、安心感と安らぎを感じます。小さな体でぎゅっと殻に閉じ込めた姿は、まるで宝石箱のようです。子供たちは、丘ヤドカリの小さな体に、大きな生命力を感じます。子供たちは、丘ヤドカリと過ごした日々を忘れることができません。

 餌を与えたり、水槽を掃除したり、一緒に遊んだり。丘ヤドカリは、子供たちの良き友であり、かけがえのない存在でした。夏の夜空に響く虫たちの声、提灯の灯り、そして丘ヤドカリの小さな体。これらの思い出は、子供たちの心に永遠に刻まれます。

 丘ヤドカリは、昭和の子供たちの夏の思い出の一つです。それは、愛らしい生き物との出会い、そして命の大切さを学ぶ貴重な経験でした。丘ヤドカリとの出会いは、子供たちの心を豊かにし、成長を促しました。

Count per Day
  • 0今日の閲覧数:
  • 171昨日の閲覧数:
  • 955先週の閲覧数:
  • 1898月別閲覧数:
  • 485677総閲覧数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 114昨日の訪問者数:
  • 652先週の訪問者数:
  • 1451月別訪問者数:
  • 343981総訪問者数: