下町の匠 「職人」

 

「職人」と呼ばれる言葉、しかし今は洋風に「マイスター」或いは「なんとか技能士」等々、変化を遂げている。ここでは肩書きではなくあくまでも下町に存在していた「手職」の職人さんの話を書いています。

 

時代と共に変化することはとても良いことです。そして時代と共により高度な環境を導入し新たな「職人」の境地を構築して言っている方たちが多く存在し実際に私自身も、その洗練された技術を目の当たりにし驚いています。

 

しかし、個々ではあくまでも「昭和30年」当時の話としてイメージしていただければと思います。