小さな映画館が区内に身近な娯楽として邦画専門、洋画専門の映画館があった。

 

 

昭和30年代、「テレビ」がまだ一般家庭に普及していなかった時、大人も子供も唯一の楽しみであった「娯楽」で大きな影響を受けていたのが「映画館」でした。私が住んでいた日暮里町だけでも「邦画専門※近所の名画座」、「洋画専門※近所の三島館」の「小さな」と言っても100人は入れる。少し離れると2階席もある所もありました。

 

たまに、映画などで当時の映画館の描写などがあり言葉の表現が悪いのですが「小便くさい」がそのまま当てはまる実際の状況でした。しかし、この時代誰もそんなことは考えていなかったと思います。近所の邦画専門の映画館で上映されていた「二等兵物語」、伴淳三郎と花菱アチャコの戦争を題材にした映画では物語に大人も子供も皆スクリーンの中に入り込んでいた気がします。

 

子供向けでは「スーパージャイアンツ※故 宇津井健」、邦画のSFでは「マタンゴ」や「モスラ」、洋画では「シンドバットの冒険」、「宇宙大戦争」等、洋画専門の映画館へ見に行きました。確か邦画は安いところで「35円」、普通の邦画館で「45円」、洋画専門館は「55円」だったと記憶しています。そしてテレビが普及しだした時でもあり、私も近所の映画館へも足が遠のき始めた頃でもありました。

 

その中でも邦画「世界大戦争※故 フランキー堺」を観に行ったのは何か身近に感じた映画でした。それは、映画の中の一部のシーンでしたが友達の家が撮影に使われたからでした。映画の撮影をしているところを遠く離れて見ていて、とにかく大人数であれやこれやと忙しく動き回っている姿を始めて見たときは訳が分からずでした。

 

そしてどうなって映っているかを見たくて観に行った映画でもあったのです。ちなみにどこかと言うと、今の西日暮里駅の脇にある崖の上の開成高校の野球グラウンドのすぐ近くにある友達の家で当時は都内が一望できた見晴らしの良い場所でした。
そんな庶民の娯楽の映画館もテレビの普及に伴い、1件、2件と「廃業」を余儀なくされ無くなってしまいました。

 

追記

 

昭和38年、中学校までは学校の授業の一環で近くの映画館まで歩いて行きました。上映されたのは、小学校は「大鵬物語」、中学校は「キューポラのある街」をぞろぞろ引率の先生が引き連れて映画鑑賞を行っていた時代です。見終わった後、教室へ戻ると待っているのは「感想文」です。

 

学校とは違う、新宿「ミラノ座」へ兄に連れっていってもらって観たディズニー映画「うっかり博士の大発明 フラバァ※昭和36年」は大きなスクリーンと大音響で大興奮した思い出もありました。