毎年12月28日は「杵」と「臼」を使って「餅つき」、我が家の年末恒例で昭和36年くらいまで続いた行事でした。

 

家業でもある我が家は洗濯屋、年末の慌ただしい中大人たちは毎日夜遅くまで仕事をしています。当時、住み込みの職人さんもいて商売としては活気のあった時代でした。私の父親のこだわりで毎年12月28日は「餅つき」の日となっていたようで、子供の側からしても楽しみにしていました。子供ですからお祭り間隔で、大人たちがせわしなく動き回っているにもかかわらず、うろうろと邪魔になるばかりで怒られるのでした。

 

祖母と母親は、前日から「餅米」を一升ごとに小分けし餅米を研いで水切りする為に「蒸籠※せいろ」に広げて下準備を行っていました。当然、蒸籠の数が足りないので代用のザルをご近所を回ってお借りしてきます。子供の目で見た当時の覚えている「餅」の量は「20升」位は普通にありました。何でこんなに多いのかは、お礼を兼ねてご近所の分まで「のし餅」、「鏡餅」を作るためでした。

 

餅のつき手となる人数は我が家で足りるのですが、さすがに体力的な限界が起きてきます。すると、ご近所の方も加勢して手伝ってくれます。だから、家中、色々な人が何らかの餅作りの作業をしています。子供に取っては「お祭り騒ぎ」です。しかし、見学組の子供にも特典があり、休憩時にはつきたての餅を「あんこ餅」、「大根餅」、「納豆餅」等々、お手伝いしてくれている人たちが作ってくれるのが何よりの楽しみでした。

 

ちなみに餅をつく場所はどこかと言うと「洗い場※仕事場」です。屋根の高さも高いため「杵」を振り上げてもぶつからないので大丈夫でした。一時、店の前の道路でついた事がありましたが、見物人が出来てしまい道を塞いでしまったことがあり、それ以来餅つきの時は「洗い場」をかたづけて餅つき専用の場所として設えました。

 

餅つき当日「杵」と「臼」でついたときにしか食べられない「半つき餅※餅と言うよりおこわ」に醤油をかけて食べるのですが、少し餅米の歯ごたえがありなんともいえないうまさがあり、食べ過ぎてしまう「逸品」も子供なりに堪能しました。しかし、子供なら何感じた「餅つき」が終わった後片付け、家中の座敷に新聞紙が惹かれて「片栗粉」だらけの状態、そんなことはお構いなしで子供は歩き回るから後片付けは大変です。掃除機などまだ無いので総出で雑巾がけで綺麗に掃除をしていました。

こんな「餅つき」ですが絶対に開けてはいけない扉がお客様の洗濯物を保管していある「店舗部分」ですが子供ながらに兄弟きちんと守っていました。当時は本当に「勝手知ったる他人の我が家」ですので、人の出入りが多く冠婚葬祭なども本当にお互い様精神で人と人とが関わり合った年末の思いでした。

 

追伸

 

この時にご近所の方からお借りし使用していた「杵」と「臼」は持っていたお家が引っ越すことになり我が家で預かることになりました。しかし、我が家の立て替えで保管場所がなくなったので、再度、ご近所の遠い親戚の方に保管してもうことになりました。そして、月日を重ね私が子供を持つようになり、20年後なんと子供の通う「保育園」に「杵」と「臼」が最後に預けた方から寄贈される形で再開したのでした。物を大切にする心が引き継がれた瞬間でもありました。(杵と臼には初代の持ち主の名前が刻まれていたので判りました。)