粉末サイダー

 

今の時代では「炭酸水」は日常的に何処でも購入することができますが、当時の炭酸水と言えば「ラムネ」と「三ツ矢サイダー」くらいで、子供が買えるのは「ラムネ」が限度、「三ツ矢サイダー」何か特別なことがないと私は中々口に出来ませんでした。子供の小遣いで自由に買うことの出来る刺激的な「炭酸」の飲み物として出てきたのが「粉末サイダー」でした。

 

袋入りでそのままちびちびと食べる、粉末の飴のようお菓子でしたが子供ながらにも結構満足出来た駄菓子でした。そしてある日、子供には新しい感覚で衝撃的な「ビニールチューブ」の中に「粉末のサイダーの素」が入っていて「ねじ式」の「キャップ」が付いた物で、水道の水を入れて少し待つとなんと「サイダー」が出来る画期的な駄菓子の登場でした。

 

価格が駄菓子屋で販売されている「ラムネ」の半額くらいで買うことが出来るので、子供にとっては作る楽しみも加わった最高の駄菓子でした。ただし、欲張って水を入れすぎるとキャップが外れて、吹き出してしてしまうことがあるのと、この吹き出すまでに水を入れたのは、味が薄くておいしくない。

 

だから、色々子供なりに工夫し一番おいしくのめる状態を見つけるのでした。しかしです。所詮は「まがい物※偽物」強烈な炭酸の刺激にはほど遠い物だったと記憶しています。だが、子供には不思議で満足出来る要素が低価格で購入できたメリットの方が大きかった駄菓子の「炭酸水」のお話でした。

 

番外、当時は粉末物として「ジュース」、「チョコレートもどき」、「粉ラムネ」、「麦焦がし」等々、色々出ていました。

 

※「麦焦がし」とは、大麦を炒って粉末にした物に砂糖を混ぜたお菓子です。大豆で作った「きな粉」よりも香ばしく少し苦みを感じるくらいの色濃いほうが子供ながらに美味しく感じた、なんとも質素なお菓子です。