輪ゴム鉄砲

 

 

当時は玩具など簡単には買ってもらえません。常に創意工夫の考えで身近にある物を、いかに遊べる道具にするかを子供ながら常に考えていました。その中でも身近にある「輪ゴム」と「割り箸」、この組合せは色々な物を作り出せる万能の材料でした。その中でも、打ち合いしても危なくない「輪ゴム鉄砲」はやはりブームになりました。

 

打ち合いもさることながら、的を撃つ「標的射撃」もやりました。この「輪ゴム鉄砲」も改良版として「鉄砲」ではなく「ライフル」もどきを作ったりもしました。板きれをライフルの銃床(肩当て部分)にのこぎりで切り出して、銃身の部分は棒きれを繋げた少しごっつい感じの大物です。しかし、飛ばすのは「輪ゴム」なんともです。輪ゴムが引っ張ったときに伸びる距離をわきまえて作らないと遊べません。

 

多く作ってしまったときは輪ゴムを2本繋げて使用するなど、猿知恵も働かせ想像力豊かに色々な状況を想定して皆「なりきる」ことが重要な他愛のない玩具であり、遊び方でした。
変わり種は「輪ゴムのタンク?」、「輪ゴム」と「空の糸巻き」、「ローソク」、「割り箸」で、輪ゴムの動力で動く「タンク」や「硬い紙」と「輪ゴム」で高く放り投げると「パチン」と音の出る玩具も手作りでした。

 

とにかく身近にある材料で、本当に色々作りましたし考えました。そしてとにかく勉強そっちのけでよく遊びました。