刑務所作業製品

刑務所作業製品(今は、キャピック)、60年以上たった今・・・

 

刑務所作業製品(キャピック)、この言葉からはあまり良い印象は浮かばないことと思います。「掘りの中の・・・」そうです。訳あって刑務所に服役している人たちが、服役後、手に職を付け社会に順応出来るための基礎訓練を目的として今も全国の刑務所で進められている「物作り」で販売会も開催され、良い物を手頃な価格で購入できることでも広まっています。

 

何でこんなことを書くかと言いますと、刑務所作業製品で購入した「木製洋服ロッカー」現物が60年以上経過した今も現役であるからです。この事も昭和の時代の出来事として残して置きたいお話の一つです。昭和30年初頭、実家の家業である「洗濯屋」が繁盛し、少し余裕が出た頃だと思います。

 

当時、私は6歳くらいの頃、父方のおじさんが当時「刑務官」をしていて、詳細は後に知ったことですが注文した「木製洋服ロッカー」を「刑務所作業製品」として洗濯屋の店先に据え付けてくれました。子供ながらに覚えていることと、とにかくがっしりとしていて大きなガラス戸が付いた立派な家具です。用途はお客様の高額な洗濯物を保管するために設えてもらった特注品でした。

 

今みたいに重機はないので搬入と設置は人界作業です。そのときに制服姿で作業をしていたのが「服役」している人だったことを後で知りました。今はどうか判りませんが、父からの話では、大きさや、使う木材(樫)を指定して注文が出来たそうで、大人になって移動する機会があり、兄弟でいざ持ち上げようとしてみて判ったのはとんでもなく重いこと、そして数十年経過しているにもかかわらず何の狂いもなく当時のままの状態を維持していることでした。

 

その技術のたかさと、良い物を作るために一生懸命に作業をしてくれた訳ありの人々に驚かされるのです。そして時代も変わった今も「刑務所作業製品」は全国で色々な物が作られ、世に出てきています。今、実用品もありますが家具や工芸品等はもう芸術品、美術品と同じです。
よって販売価格も見合った価格になっていますが、審美眼を持った方にすれば破格に安いと思われるようです。