拡大機

拡大機(現在 伸縮自在器)

 

「拡大機」とは何か? 多分、マニアックな方しかわかないと思います。今様に印刷物や写真、絵、等々いかようにも「拡大」することが出来る時代です。平面から立体の物まで3Dスキャンでデーターにすれば「拡大・縮小」と自由に出来る、すごい時代になりました。
では、この「拡大機」とは何するためにあったのか? また、何故か「縁日」で売られていたのです。

 

本題「拡大機」とは、読んで字のごとく物を拡大するための「道具」です。では拡大するための対象となる「物」とは? 小さな紙に印刷された「絵」や「写真」を「原画」としてこの上面を「針?※傷が付かないようになっている」のような物で拡大したいところを「なぞる」ように動かして行くと端に付けられた「鉛筆」が竹で組み合わされた骨組(パンタグラフを平面した)みが「なぞる」動きの数倍の動きとして拡大されて画用紙に「うっすら」と拡大されて書かれていきます。

 

この拡大率は幾通りか「軸」の「支点」の組合せを買えることで「拡大率」を変更できる優れものなのです。言葉では中々伝えることが難しいですが、ネットで調べたらなんと「製品」として販売されていました。もし、実物を見てみたいと思いましたらネットで「伸縮自在器」で検索してみてください。メーカー品が出てきます。(他の方の写真は基本的に掲載しません。)

 

何で「香具師」の商品として売られていたかは正確な情報は分かりませんが、その商品を扱っている「香具師」のおじさんの「技術」に魅了されます。有名人のブロマイドを原画に大勢の大人が見ているところで、いとも簡単に「実演」で葉書位の大きさのブロマイドが「A4サイズ」位に綺麗な「鉛筆画」として「拡大」されて完成していきます。そして最後の仕上に、陰影やぼかしのテクニックで立派な絵に仕上げます。

 

子供にはあまり興味が無かった物ですが、私の兄が実際に買ってあったので自分でも真似してみましたが、全然、うまくは書けず兄たちも途中で諦めていつの間にか家の中から消え失せていました。

 

追伸として、何故「香具師」が「拡大機」のような物を商品として扱っていたのかは判りませんが、時代を超えて現在の「香具師」、プロの「実演販売員」の人たち今ではテレビにも出演し、通販では1日で何十億円も売りさばく方もいるようですが、ほんの少し時代を遡った平成の始め頃に、「秋葉原駅」と「秋葉原デパート」との通路で何店舗か色々な商品を販売していたのをご存知でしょうか?

 

「手品グッズ」、「便利小物雑貨・道具」、「アクセサリー」、「他」と8店舗位あったような記憶があります。その中に特異な商品でなんと「CADのソフト」を販売しているお店がありました。何軒かのお店では顔なじみでもないのですが、秋葉原へ行くと帰りに「ひやかし?
」兼ねて、珍しい物がないか色々と情報を仕入れに話をしながらお付き合いで買い物をしてきます。

 

その中で先の「CADのソフト」が気になり単刀直入に何故? を聞いてみたところ「依頼」と「売り子」の興味で扱っているとの解答をもらいました。しかし、器用にその製品の特徴をマウスで操作しながら「簡単にCDAが使える」ような「口上」と「実演」で演出しているのです。実演なので販売方法は自分で考え、習得するのが現代の「香具師」、「販売員」の「技」だと言われていました。