文化

1 2 3 14

小さな映画館が区内に身近な娯楽として邦画専門、洋画専門の映画館があった。

 

 

昭和30年代、「テレビ」がまだ一般家庭に普及していなかった時、大人も子供も唯一の楽しみであった「娯楽」で大きな影響を受けていたのが「映画館」でした。私が住んでいた日暮里町だけでも「邦画専門※近所の名画座」、「洋画専門※近所の三島館」の「小さな」と言っても100人は入れる。少し離れると2階席もある所もありました。

 

たまに、映画などで当時の映画館の描写などがあり言葉の表現が悪いのですが「小便くさい」がそのまま当てはまる実際の状況でした。しかし、この時代誰もそんなことは考えていなかったと思います。近所の邦画専門の映画館で上映されていた「二等兵物語」、伴淳三郎と花菱アチャコの戦争を題材にした映画では物語に大人も子供も皆スクリーンの中に入り込んでいた気がします。

 

子供向けでは「スーパージャイアンツ※故 宇津井健」、邦画のSFでは「マタンゴ」や「モスラ」、洋画では「シンドバットの冒険」、「宇宙大戦争」等、洋画専門の映画館へ見に行きました。確か邦画は安いところで「35円」、普通の邦画館で「45円」、洋画専門館は「55円」だったと記憶しています。そしてテレビが普及しだした時でもあり、私も近所の映画館へも足が遠のき始めた頃でもありました。

 

その中でも邦画「世界大戦争※故 フランキー堺」を観に行ったのは何か身近に感じた映画でした。それは、映画の中の一部のシーンでしたが友達の家が撮影に使われたからでした。映画の撮影をしているところを遠く離れて見ていて、とにかく大人数であれやこれやと忙しく動き回っている姿を始めて見たときは訳が分からずでした。

 

そしてどうなって映っているかを見たくて観に行った映画でもあったのです。ちなみにどこかと言うと、今の西日暮里駅の脇にある崖の上の開成高校の野球グラウンドのすぐ近くにある友達の家で当時は都内が一望できた見晴らしの良い場所でした。
そんな庶民の娯楽の映画館もテレビの普及に伴い、1件、2件と「廃業」を余儀なくされ無くなってしまいました。

 

追記

 

昭和38年、中学校までは学校の授業の一環で近くの映画館まで歩いて行きました。上映されたのは、小学校は「大鵬物語」、中学校は「キューポラのある街」をぞろぞろ引率の先生が引き連れて映画鑑賞を行っていた時代です。見終わった後、教室へ戻ると待っているのは「感想文」です。

 

学校とは違う、新宿「ミラノ座」へ兄に連れっていってもらって観たディズニー映画「うっかり博士の大発明 フラバァ※昭和36年」は大きなスクリーンと大音響で大興奮した思い出もありました。

毎月開催 骨董市(富岡八幡宮 境内)

 

毎月開催 毎月第一・第二・第四・第五日曜日 日の出~日没

 

名称:骨董市(富岡八幡宮 境内)

場所:東京都江東区富岡1-20-3

交通:営団地下鉄東西線 門前仲町駅 徒歩3分
都営地下鉄大江戸線 門前仲町駅 徒歩6分
JR京葉線 越中島駅駅 徒歩15分

 

50円の「オーダーメイド」の「野球バット」と30円の「オーダーメイド」の「卓球ラケット」

 

タイトルを見て「?」が沢山浮かんでいる事と思います。私の住んでいた荒川区日暮里町の家の周りの色々な職業が混在していた頃のお話です。今もある会社で皆さんご存知の「トンボ鉛筆・ハーモニカ」の工場も家から子供の足で2分と掛からない所にありました。
子供ながらに、色々な人づてでタイトルのごとき「オーダーメイド」の「野球バット」や「卓球ラケット」がお小遣いを少し貯めれば自分の好みの形で作ってくれた本当の話です。

 

職人さんが子供向けに作ってくれた、この会社は現在も大きなメーカーで活躍していますので、当時の職人さんの事を考慮し名前は伏せさせていただきます。野球バットの注文は夕方5時移行の時間で6時前までと決められていましたので、この時間に合わせて工場の裏手にある「材料置き場」へ出向き、自分の好みの木材を探します。気に入った色合いの木材を見つけ、工場の中で片付けをしている職人さんのところへ、選んできた角材を渡すと大凡のバットの先の太さ、グリップの太さ、バットの先端の形状(角丸か芯を凹ませる)、そして長さを伝えると、機械(ロクロ)にセットして成形が始まります。

 

角材が沢山の切りくずと共に丸くなって行くのを眺めていると、途中で機械を止めて職人さんから「確認しろと」声を掛けられます。そして、子供なりの目で見て、グリップの感触を触って確かめ良いですと伝えると、今度は仕上に入り木の表面がツルツルになっていくのを見ることが出来ます。但し、バットの「芯」の加工や「塗装」はしていません。しかし、無垢ですが磨きを掛けてもらったバットの表面はツルツルでなんともいえない「マイバット」に生まれ変わるのです。完成後に「50円」を支払自分の物になります。

 

このバットの他に「卓球ラケット」を作っている工場(こうば)があり、こちらは同級生の家だったので遊びに行くと「30円」で新しい形の物が出来るから作ってあげるよと、友達のお父さんに声を掛けられます。当時、卓球のラケットの形は「角丸四角※ペンラケット」と言われる形状がほとんどの時代でした。この形のラケットは、友達の家で作られていた「不良品」をもらっていたのでもっていたのですが、「新しい形」とは「丸形」の「シェイクハンド」と呼ばれる形の製造が始まったことを意味していたのです。

 

始めて見る形に驚きと何やら貼り付けるラバーも最新の素材らしく、いわば試作のような形なので「30円」の手数料?となっていたようです。但し、グリップは木材でゴツかった記憶があります。それでも近所の「卓球場」へ持って行くと、珍しがられて「貸して」の声が多く掛かって即席の人気者になりました。昭和30年初頭、当時の下町は本当に「家内工業?」が沢山ありました。しかし、町の変化で「騒音」、「臭気」等々で地方へ移設していってしまいました。

 

他にも「テニスボール」を作っているところがあり、ゴミ置き場に不良品として捨てられている「テニスボール」が沢山出ている。それを子供ながらに恐る恐る工場の人に「一つもらえませんか?」と代表を決めてお伺いをしていくのです。すると、工場から出てきて子供の人数分良い物を選んでくれて、各人1個づつくれるのでした。下町の家内工業で最も有名な「おもちゃ屋」さんでゼンマイ仕掛けで動く世界的にも有名な「おもちゃ屋」さんが我が家から1分の所にあって、こちらは年に数回「バザー」があり「破格値」で工場の倉庫で販売されるときがあり楽しみの一つでもありました。

 

当時は今考えると本当にのんびりとした時代でした。今、ギクシャクとした時代に、何の役にも立たない自己の記憶を文字にするだけになっておりますが1億人の一人の方でも何かを感じてもらえればと書き起こしております。

昭和30年代、子供の小遣いと欲望?

 

昭和30年から38年、下町の一般家庭で小学生を対象とすると駄菓子屋の商品価格が最低1円から、高い物で30円(子供ではかなり高額)買うことが出来た時代の話です。
私は、荒川区日暮里町(現西日暮里)の生まれです。日暮里駅近くには、今はなくなってしまった「駄菓子の問屋街」があり、子供ながらに憧れの場所で、少し冒険して足を運んだ場所でもありました。

 

自分が住んでいる町内の駄菓子屋には売っていない物が沢山あり、いつも「ほしい、ほしい」の気持ちが高鳴る夢の王国に見えました。この問屋のルール(バラ売りしない)など子供には判りませんが、子供なりの算数で一つあたりの「原価」を計算するのです。そして安いと感じるときでもあるのですが、同じ物を沢山買ってもしょうが無いと感じるときでもあります。

 

しかし年に一度だけ行動に移せるときがあるのです。それは、お正月。お年玉をもらい懐が潤ってお金があるときにだけ「大人買い」出来るのです。しかし、意気込んで正月明けに駄菓子問屋が開く頃に、目を付けていた「当たり物※クジ付」の物を買おうと店の人に買う旨を伝えると「子供は駄目」と断られてしまうのです。

 

そのことは大人になって判った「商売のルール」でした。クジになっていて、当たらないと良い物がもらえない。当たり前の仕組ですが、子供からすれば「中々当たらないクジ」を当たり含めて箱で買えば、当たりが黙って付いてくる。多少高くても、子供なりに「大当たり」を得る事が出来るのですから当たり前です。しかし、そんな事を無視して問屋が1年に1回しかこない子供に売っていたら、駄菓子屋が売れなくなってしまいます。

 

仕方なく、商品変更で「ガム」などの中に景品として「絵合わせカード」が入っているもので全部の「カード」が揃うと「景品」がもらえる今でもあるようなタイプの物です。ガムばかり「100個」位入った物で子供なりに「箱買い」するのです。そして、ここでも大人の世界を教えられるのです。意気揚々と箱買いしたガムを家に持ち帰り一つ一つ開けて「カード」を取り出して整理しながら全部揃うことを願いながら最後までむいたときに夢から覚めるのでした。

 

「100個」入っているのに同じような物ばかりで、必要なカードを全部揃えるに全体の1/3にも満たない種類しか揃わないことにガッカリです。夢破れ毎日、少しずつそのガムを食べ、子供なりにむなしさを感じながら過ごすのでした。この方法で後に、何人かで「共同出資?」して子供なりにかなりな量を買って再度挑戦してみたときがありましたが、結局、揃わないことを知った悔しさの再来でした。

 

色々な家庭事情もあるのですが月極で小遣いをもらっている子供は私の周りには、一人もいませんでした。私の家は、毎日「10円頂戴」の繰り返しで3回くらいまではもらえました。しかし、駄菓子屋で菓子を買えばすぐに無くなる。そして、小遣いが底を付いた頃の夕方に限って「紙芝居」、学校の近くに遊びに行くと「型粘土」、「あめ細工」のおじさんが来ているのです。しかし、親からこれ以上もらうことが出来ない。

 

計画的にお小遣いを使うことを学んだのです。そうです。すぐに使うのではなく「貯める」。
しかし、誘惑と欲求には勝てず長くは持たなかった今も変わらない子供の頃の私でした。

 

※日暮里の駄菓子問屋は2000年を過ぎた頃から「再開発」で徐々に立ち退き2003年には完全に消滅してしまいました。現在、新しくなった駅ビルの中で営業されている駄菓子の問屋さんがあります。

 

番外編

 

究極の子供ながらに覚えた物々交換により「物を得る方法」とは? 冬の夕方などに来る「おでん」、「石焼き芋」の屋台。この当時の屋台の燃料は「薪」です。悪知恵が働く私含め子供たちは、この時期を楽しみにしていました。それは、普段の遊んでいる所々で「廃材」を見つけては「秘密基地」と称していた場所に拾い集めてきた「廃材」をため込んでおくのです。貯めると言っても拾ってきての物ですので量はしれています。

 

そして屋台が来ると貯めておいた「廃材」を持って行き「おでん」の屋台のおじさんに「おでん」と交換してもらい、子供たちでしばしの食事会を開けていたのです。「焼き芋」の屋台のおじさんも同様に「焼き芋」をもらえるのでした。しかし、親にこのことが見つかりそれ以来出来なくなってしまいましたが、子供ながらに物流を実地で体験できた楽しき時代でした。

 

何故、こんなことを覚えたか? それは「懐かしき昭和の街景色」の「爆弾あられ」で書きましたが「お米」を持って行くとその何割かを「手数料」として手数料分のお米だけを取り除き残りの「お米」を「爆弾あられ」にしてくれるのでした。このことの応用で先の「物々交換」が出来たのでした。

毎月 8の付く日 開催 新井薬師

 

 

毎月 8の付く日

 

名称:新井薬師 八の市

場所:東京都中野区新井5-3-5 新井薬師梅照院

交通:西武新宿線 新井薬師前駅下車 徒歩5分
   JR中央線 中野駅下車(北口) バス5分
   関東バス 新井薬師前・北野神社 下車 徒歩1分

 

12月 世田谷 ボロ市

 

12月15日・16日

 

名称:世田谷 ボロ市

場所:東京都世田谷区世田谷1丁目付近 ボロ市通り

交通:世田谷線 世田谷駅

 

12月 薬研堀 歳の市

 

12月26日~28

 

名称:薬研堀 歳の市

場所:東京都中央区日本橋2-6-8 薬研堀不動院周辺

交通:都営浅草線 東日本橋駅 B3・B4出口 徒歩3分

 

12月 浅草 羽子板市

 

12月17日~19日

 

名称:浅草 羽子板市

場所:東京都台東区浅草2-3-1 浅草寺境内

交通:東武スカイツリーライン:浅草駅 徒歩5分
   東京メトロ銀座線:浅草駅 徒歩5分
   つくばエクスプレス:浅草駅 徒歩5分
   都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口 徒歩5分

 

12月 浅草 ガサ市

 

12月14日~27日

 

名称:浅草 ガサ市

場所:東京都台東区浅草2-3-1 浅草寺境内

交通:東武スカイツリーライン:浅草駅より徒歩5分
   東京メトロ銀座線:浅草駅より徒歩5分
   つくばエクスプレス:浅草駅より徒歩5分
   都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口より徒歩5分

 

12月 練馬 関のボロ市

 

 

12月9日・10日

 

名称:練馬 関のボロ市

場所:東京都練馬区関町北4-16-3 本立寺門前

交通:西武新宿線 武蔵関駅北口 下車 徒歩3分

 

1 2 3 14