海ほおずき

海ほおずき

 

夏の縁日、色取りよく大人になってからの感覚で表現すれば涼しさを表現した「庭」に見えます。子供ながらにも特に夜の見た目はひときわ輝いていました。透明裸電球とカーバイトを使った炎を使った明かりの半々で構成されいた当時の縁日の照明です。「カーバイト」とは、白い石のようなもので水に入れると化学反応を起こし「アセチレンガス」が発生し、このガスを燃焼させて照明の代わりに使用していました。

 

「海ほうずき」の棚には苔の生えた色々な大きさの石や、大きな貝殻、巻き貝の中に色とりどりに着色された「海ほうずき」が並べられている光景は本当にきれいでした。時折、噴霧器(スプレー)で水の霧を吹きかけつややかに見えるように手入れをしお客の目を引き、お店の人が口に「海ほうずき」をほおばり「ブー ブー」とならしながら通りすがりの人たちに使い方や鳴らし方の説明付で人寄せをして販売していました。

 

現在もまれに「海ほうずき」を販売している「露店」を縁日で見かけることがあります。浅草の「ほおずき市」の縁日で見かけ、販売している人が若い方だったので珍しいなと思い写真撮影と少し話を聞こうと話しかけて見たら、色々経緯を説明してくれました。何でも、沖縄のお爺ちゃんの家の物置の中で段ボールに大量に入った物を発見し、初めはなんだか判らずお爺ちゃんに聞いたら「海ほうずき」と言う昔の物だと話を聞いたそうです。

 

珍しい物だから東京へ持って帰って、色々、調べてたまたま今日の縁日に来たそうです。しかし、正直、なかなか売れないそうです。年寄りの方たちは「珍しい」と近寄り声を掛けてはくれるが購入までには至らないそうです。販売している「海ほうずき」の色合いも昔のような色々な色はなく非常に限られた色物しかなく、フッと気がついたのは「口に入れる=食品衛生法」がすぐに頭に浮かびました。

昔は正直、縁日に保健所等の規制はなかった時代だからこそ出来たこの情景も過去の物となってしまっているのです。