玩具

昭和30年代町内の子供は遊びが主流、なぜか「そろばん塾」へは多くの子供が通っていた。

 

子供の頃は本当に色々な「遊び」を兄弟や先輩から伝授され、一緒に表で遊びました。今のように「自動車」等も少なく、路地裏の道は何処でも子供にとっては全て遊び場です。道路の舗装自体も行き渡ってはなく、土がむき出しの路地が沢山あるので転んだりしても大きな怪我はしませんでした。

 

遊びの種類を並べると、お金を掛けない遊び「石蹴り」、「釘刺し」、「馬跳び」、「駆逐水雷」、「野球」、「缶蹴り」、「S字けんけん」、「縄跳び」、流行の「何々ごっこ」、駄菓子屋で買った物で遊ぶ、「ビー玉」、「ベエゴマ」、「コマ回し」、「メンコ」、「チエリング」、等々、沢山ありました。

 

こんな状況の時代です。勉強をきちんとしているのは、私の住んでいた町内会では、常に遊ぶことを優先していた遊び仲間10人に1人くらいで少なかったです。そんな、のんきな子供の多い町内ですが、何故か「そろばん塾」はほとんどの仲間が通っていました。だから、行動が常に一緒なのです。

 

そろばん塾に行っても、顔を合わせる事が多く「そろばん」の勉強をやっていても悪ふざけして怒られる。しかし、しばらくすると自然と勉強の差がでて「そろばん塾」に通う時間帯に差が生じてきて、「何級?」と競い合うようになって来る頃から「昇級」がうまく出来ずにいると「脱落者」も出始めましたが、結構、残留組は多く残りそれなりの「級」を取る仲間が増えた時でもありました。

 

色々な科目に取り組む姿は、真剣そのもの普段遊んでいるときには絶対に見せない。しかし、答え合わせが始まると、普段の顔に戻り互いの戦果を見せ合い。正解すると色の付いた「カード」がもらえる。そして獲得したカードを帰りがけに、「そろばん塾」の先生に枚数を報告しカードを返却する仕組で、規定の枚数まで貯まると昇級試験を受ける事が出来る仕組でした。

 

各子供の親たちは「読み書き、そろばん」の言葉そのままに、当時、「そろばん塾」にだけは通わせたのだと思います。遊びに夢中の仲間たち、そして他の町内会の遊び仲間も含め子供の社交場でもあった「そろばん塾」は別な意味で楽しい時間を過ごせた思い出になりました。
ちなみに私は小学校4年「3級」で脱落しました!!

昭和30年代、子供ながらの収穫祭「銀杏ひろい」と「お茶の実ひろい」

 

令和元年10月、季節、暦共に「秋」ですが、何という気候でしょう。体感的には「夏」ですね。時代と共に色々な変化が地球には起きているのでしょう。歳を重ね色々考えてみますがどうにもならない。自然に従うしかありません。そんな状況から季節感として子供の頃を振り返り、子供ながらの収穫祭として学校が休みの日曜日の早朝、自転車で「上野公園」を目指して6人、時には10人くらいの編成で、日暮里町(現在:西日暮里)から銀杏を収穫するための「道具?」を各自持って出陣です。

 

子供の自転車で諏訪神社の坂を上り、谷中の墓地を抜けて一直線で30分くらいで上野公園に着きます。大体、6時集合で6時半くらいには準備に取りかかれます。道具と言っても「ソフトボール」と拾った「銀杏」を入れる為の「ビニール製の袋」と「割り箸」です。その場で皮をむいて中身だけを取る方法もあるのですが、先輩たちから皮残すと怒られるから「全部持って行け」と指示が出ているので落ちているそのまま拾ってきます。

 

上野公園に着くと銀杏のなっている木の所へ2人くらいずつに分かれて、回りに人がいないのを確認して「ソフトボール」を枝めがけて投げつけます。結構、高さがあるので腕力の弱い子供では届かない事もあり、そうすると先輩(ガキ大将)が見回りに来て代わりに投げてくれます。ここには子供の世界の序列と、ガキ大将の思いやりがあったのです。良いも悪いも教えてくれた「子供の世界」があったのでした。

 

皆、夢中になっていると何処ともなく「パトカー」が離れたところに止まっていて、必ず「おまわりさん」がやってきます。するとこの対応も「先輩」の役目で色々と講釈を述べ、継続して銀杏を拾うことが出来るのです。故に、汚さない。ソフトボールなら落としてもあまり弾まないのと重みがあるから銀杏を落としやすい等々、子供の世界で継承されている方法から出来たことです。それと、欲張って取らないことも重要でした。

 

そして皆がほどよく取ると撤収となり、今度は帰り道に「谷中の墓地」へ移動します。不謹慎ですが子供には「墓地」も遊び場の対象になっていました。特に谷中の墓地はものすごく大きいので色々な探検が出来た貴重な場所だったのでした。その事から、どこそこの所には「お茶の実」がなっているとか、夏は「蝉の抜け殻」が沢山ある木があるとか色々子供なりの情報交換で大きな遊び場になっていたのでした。

 

帰りがけの「お茶の実」の収穫は、玩具として遊べるので別の感覚で楽しみの一つになっていました。この「お茶の実」で何をするかと言いますと、子供の俗称で「あっちちぃの実」と言う名が付いていました。外の皮をむいて「種」の部分が遊び道具になる部分です。堅い殻で覆われたパチンコの玉より少し大きい位の「種」を堅いところにこすりつけ、摩擦熱を発生させて、他の子供の皮膚に押し当てて遊ぶ少し危ない使い方もありました。

 

もう一つは「殻」に小さな穴を開けて中の柔らかい油分を含んだ実をほじくり出して堅い「外皮」だけにし、指の間に挟んで口にあてがいうまく空気をふき入れると「ピー」と言う音で「笛?」のように音が鳴る玩具としても遊んでしましたあ。この「お茶の実」まれに変異してとても大きくなった物が見つかるときがあります。もうコレは「宝物」になり大切に保管していました。

 

50円の「オーダーメイド」の「野球バット」と30円の「オーダーメイド」の「卓球ラケット」

 

タイトルを見て「?」が沢山浮かんでいる事と思います。私の住んでいた荒川区日暮里町の家の周りの色々な職業が混在していた頃のお話です。今もある会社で皆さんご存知の「トンボ鉛筆・ハーモニカ」の工場も家から子供の足で2分と掛からない所にありました。
子供ながらに、色々な人づてでタイトルのごとき「オーダーメイド」の「野球バット」や「卓球ラケット」がお小遣いを少し貯めれば自分の好みの形で作ってくれた本当の話です。

 

職人さんが子供向けに作ってくれた、この会社は現在も大きなメーカーで活躍していますので、当時の職人さんの事を考慮し名前は伏せさせていただきます。野球バットの注文は夕方5時移行の時間で6時前までと決められていましたので、この時間に合わせて工場の裏手にある「材料置き場」へ出向き、自分の好みの木材を探します。気に入った色合いの木材を見つけ、工場の中で片付けをしている職人さんのところへ、選んできた角材を渡すと大凡のバットの先の太さ、グリップの太さ、バットの先端の形状(角丸か芯を凹ませる)、そして長さを伝えると、機械(ロクロ)にセットして成形が始まります。

 

角材が沢山の切りくずと共に丸くなって行くのを眺めていると、途中で機械を止めて職人さんから「確認しろと」声を掛けられます。そして、子供なりの目で見て、グリップの感触を触って確かめ良いですと伝えると、今度は仕上に入り木の表面がツルツルになっていくのを見ることが出来ます。但し、バットの「芯」の加工や「塗装」はしていません。しかし、無垢ですが磨きを掛けてもらったバットの表面はツルツルでなんともいえない「マイバット」に生まれ変わるのです。完成後に「50円」を支払自分の物になります。

 

このバットの他に「卓球ラケット」を作っている工場(こうば)があり、こちらは同級生の家だったので遊びに行くと「30円」で新しい形の物が出来るから作ってあげるよと、友達のお父さんに声を掛けられます。当時、卓球のラケットの形は「角丸四角※ペンラケット」と言われる形状がほとんどの時代でした。この形のラケットは、友達の家で作られていた「不良品」をもらっていたのでもっていたのですが、「新しい形」とは「丸形」の「シェイクハンド」と呼ばれる形の製造が始まったことを意味していたのです。

 

始めて見る形に驚きと何やら貼り付けるラバーも最新の素材らしく、いわば試作のような形なので「30円」の手数料?となっていたようです。但し、グリップは木材でゴツかった記憶があります。それでも近所の「卓球場」へ持って行くと、珍しがられて「貸して」の声が多く掛かって即席の人気者になりました。昭和30年初頭、当時の下町は本当に「家内工業?」が沢山ありました。しかし、町の変化で「騒音」、「臭気」等々で地方へ移設していってしまいました。

 

他にも「テニスボール」を作っているところがあり、ゴミ置き場に不良品として捨てられている「テニスボール」が沢山出ている。それを子供ながらに恐る恐る工場の人に「一つもらえませんか?」と代表を決めてお伺いをしていくのです。すると、工場から出てきて子供の人数分良い物を選んでくれて、各人1個づつくれるのでした。下町の家内工業で最も有名な「おもちゃ屋」さんでゼンマイ仕掛けで動く世界的にも有名な「おもちゃ屋」さんが我が家から1分の所にあって、こちらは年に数回「バザー」があり「破格値」で工場の倉庫で販売されるときがあり楽しみの一つでもありました。

 

当時は今考えると本当にのんびりとした時代でした。今、ギクシャクとした時代に、何の役にも立たない自己の記憶を文字にするだけになっておりますが1億人の一人の方でも何かを感じてもらえればと書き起こしております。

ボルトの爆弾?

 

駄菓子やで販売されていた玩具で木製で羽もついていた「ロケット」のような玩具で、先端の所に金で出来ているキャップのようなフタが輪ゴムで本体の所に引っかかり止められている。当時「平玉」と呼ばれていた「火薬」の入っている紙製の花火の部類になる物で、競技で「スタート」の合図に使われる「火薬」の子供版です。当時、同様のもので「巻玉」と呼んでいたロール状に巻いてある火薬で、ブリキで出来ている小さな玩具のピストルに入れて引き金を引くと「パン」と音の出る玩具に使われた物です。

 

この「平玉」の方は、多少火薬の量が多く音も大きな音がします。この平玉が使える単発の玩具の「拳銃」もありましたが、子供はあまり興味を示さず持っている子供はほとんどいなかったのですが、何故か「ロケット」のほうが遊びの対象になっていました。金属のキャップの間に「平玉」を一つ挟んで高く投げ上げると金属のキャップの部分を下に落ちてくる。そして地面にぶつかると「平玉」が爆発して「バン」と大きな音と共に跳ね上がる。

 

拳銃のように、ただ音がするだけの物と違い楽しめたのが影響していたと思います。しかし、木製ですので何回か使っていると壊れる。コレが欠点でした。そこで誰が考えたか大きな「ボルト」と「ナット」を使った「爆弾」と呼んでいた玩具がはやりました。構造はいたって簡単、まずボルトをナットの真ん中部分までにねじ込み、ナットの中に「平玉」を入れ、今度は反対側からボルトを締め込んでいくのですが、締め加減が大切で緩いと「爆発」しない。

 

閉めすぎると手で持っていて「暴発」する。今考えると結構危険な玩具でしたが、子供なりにコツをつかむと丈夫な玩具になっていたのは確かでした。このボルトの爆弾をロケット同様に上に向けて投げて落下させる。うまくどちらかのボルトの頭の部分から落ちると、木製のロケットよりを大きなと跳ね上がる高さも、ひときわ高く上がるのが特徴でした。大人になり色々な知識を身につける中、この爆弾の原理に気がついたことがありました。

 

爆発性の「火薬」に「圧力」を掛けると「爆発エネルギー」がとんでもない比率で増していくとを・・・、当時はそんな事は全く判りませんので平気で「ボルト」を締め付けていて「暴発」させたことを・・・。

木製コマ

 

昭和30年当時、駄菓子屋で販売されていた「木製のコマ」は何種類かありました。大きなサイズの芯までが「木製」で出来ていてカラフルな色合いのコマで重さもあり、どっしりとした感じでしたが、子供の間ではあまり遊びの対象にはしていませんでした。子供の遊びの対象になるコマは、芯が鉄で出来ている少し小ぶりのタイプが対象のコマでそんなに重くなく、適度な重さと大きさでで好まれて使用していました。

 

他には、小ぶりの指先でつまんで回すタイプのコマで小さな土俵を作り回る長さを競ったり、ベーゴマのように「けんか」させて勝敗を競う遊びもありました。ここで紹介するのは、遊ぶための「技」を持っていないと遊ぶことの出来ない、先に紹介をした「芯が鉄のタイプの木製コマ」でこのコマを、回して手に乗せられなければ「コマを手に乗せた鬼ごっこ」の仲間には入れてもらえない。故に必死に練習をしなければならない技術が伴っていないと仲間に入れてもらえない遊びでした。

 

紐の巻き方から、持ち方、手首の返し方、手のひらに戻す為のタイミングと力加減、等々、子供同士で伝承されてきた知恵と技術でした。この技術はさらに発展し新しい「技」として、手に乗せるだけにとどまらず曲芸師のごとく「水車」、「ケーブルカー」、「滝のぼり」、等の「技」を子供ながらに習得していったのでした。これらのわざと平行して、いかに長く回せるように出来るかもコマに改良を加えるのでした。

 

改良と言っても「芯」の部分を砥石で研いで「中心」を正確に整えるだけなのですが、コマを回したときの微妙なブレを見分ける感覚も身につけていなければなりません。失敗して地面に落とそうものならもう大変でした。すぐに具合を見るためベニヤの板の上で回して状況を見、異常を感じればすぐに補正を掛け、それはもう大切に扱っていました。
ちなみに私、孫たちのコマを手に乗せることはまだ出来ました!!

 

※「水車」とは、紐を巻いたコマを地面に向け、真下に投げ途中でコマを引き上げ、そのときに紐も引き上げられるので、其の紐を方に掛け、そこへコマをの鉄芯を落としてコマが横向きに状態で回す事が出来る技です。

 

※「ケーブルカー」とは、コマを手に乗せて、紐の片側を手に持ち手に乗せてあるコマを紐に這わせて反対の手の方に移動させる技です。

 

※「滝登り」とは「水車」で横向きに回っているコマの紐を方から外して片方の手で少し力を加えてピンと張ると、上の方にコマが登っていく技でかなり高度な技です。

缶下駄(空缶で作った下駄)

 

誰の家にも転がっている中身のない「缶」も色々な遊びの材料となっていました。別途書いた「カンテラ※簡易な明かり」でも缶からの話をしましたが、子供に取って物を作るための材料でした。この缶を利用して「缶下駄」ですが「ポックリ」とも呼んでしました。
加工も構造も簡単、缶の縁に対照的に1個ずつ穴太あけて自分の持ちやすい高さになるように紐をつかめるように輪っかにして2カ所の穴に止めるだけ、そして同じ物をもう一つ作り足を乗せて、交互に紐を引っ張り支えながら歩くだけ。

 

たったこれだけですが、缶下駄はいて「鬼ごっこ」したり「徒競走」のような競争もやりました。良いところは壊れても気にならない。すぐに作り直せる。材料は苦労しない。良いことずくめです。しかし、当時、何故に捨てずに各家庭で「缶」を残しておいたのか?
大人も色々な容器として転用をしていました。我が家は「釘」の入れ物と洗濯屋なので洗剤をすくう容器の代用でも使っていました。

 

同様に他所では、色紙を貼り付け綺麗に飾ったペン入れや小物入れにもして利用してきた時代です。そして最後の行き場は、他の鉄くずと一緒に「廃品回収」に出す。ここまでで「缶」の役目は終わりとなります。今のように「リサイクル」の考えはまだありませんでしたが、何でも大切にする心が普通に皆持っていたような気がします。

輪ゴム鉄砲

 

 

当時は玩具など簡単には買ってもらえません。常に創意工夫の考えで身近にある物を、いかに遊べる道具にするかを子供ながら常に考えていました。その中でも身近にある「輪ゴム」と「割り箸」、この組合せは色々な物を作り出せる万能の材料でした。その中でも、打ち合いしても危なくない「輪ゴム鉄砲」はやはりブームになりました。

 

打ち合いもさることながら、的を撃つ「標的射撃」もやりました。この「輪ゴム鉄砲」も改良版として「鉄砲」ではなく「ライフル」もどきを作ったりもしました。板きれをライフルの銃床(肩当て部分)にのこぎりで切り出して、銃身の部分は棒きれを繋げた少しごっつい感じの大物です。しかし、飛ばすのは「輪ゴム」なんともです。輪ゴムが引っ張ったときに伸びる距離をわきまえて作らないと遊べません。

 

多く作ってしまったときは輪ゴムを2本繋げて使用するなど、猿知恵も働かせ想像力豊かに色々な状況を想定して皆「なりきる」ことが重要な他愛のない玩具であり、遊び方でした。
変わり種は「輪ゴムのタンク?」、「輪ゴム」と「空の糸巻き」、「ローソク」、「割り箸」で、輪ゴムの動力で動く「タンク」や「硬い紙」と「輪ゴム」で高く放り投げると「パチン」と音の出る玩具も手作りでした。

 

とにかく身近にある材料で、本当に色々作りましたし考えました。そしてとにかく勉強そっちのけでよく遊びました。

ホッピング

 

一時のブームに終わった「ホッピング」、町内で持っていない子供はいないくらいに誰かしらは遊んでいた。バネで飛びはねる行為は子供にすれば夢のような心地よさを感じていた。
しかしあの構造はよく考えた物だと思う。とにかくシンプルで耐久性もある程度あるので、よほどの無理をしないか、想定されていたであろう重量制限を遙かに超える負荷を掛けない限りは壊れることは少なかったように思う。

 

子供なのでそのままでは遊ばない。飛び跳ねて軸を回転させるなど基本中の基本、「ホッピング」に乗りながら「石蹴り」、少し危険な高い所からのジャンプ、しかし、コレをやると急所の肝心なバネがすぐに駄目になる。だから、もう飽きてきた頃にスクラップにするためにやっていたような気がしていたような。

 

片手、両手を離して膝で抱え遊ぶも技術も身につけ鬼ごっこにも応用していました。しかし、ホントにブームも短かった。今思うと作り込みされすぎていると子供の好奇心で改変が出来ない。遊び方を見いだしても固定されてしまうため、想像力を生かす事が出来ない物は、一時的な物になりやすいのかも知れません。

 

ブーム終盤ではホッピングを2本使い「竹馬」の代用もしてみましたが面白くもなんともなくすぐに辞めてしまう。そして物置へ、数年放置され気がついた頃には消えて無くなっていた。

ゴム動力飛行機

 

 

組立式の模型でゴム動力で飛ぶ飛行機は今でも普通に売られている空を飛ぶことが出来る玩具です。しかし、昔とのちがいは今の物はとにかく簡単に作れて調整もいらず完成したらすぐに飛ばすことが出来る。羽の部分が「スチレンボード」で出来ているため昔のように「竹ひご」、「リム」、「紙」、「ニューム管」、等は無く本当に誰でも作れて広場あれば飛ばすことが出来るようになっています。

 

昔は組み立てるのにも「技術」と「知識」が必要でした。何より作れない、飛ばない、加工が悪いとすぐに壊れるが当たり前の「模型飛行機」でこれが当たり前でした。販売しているところは基本的に「駄菓子屋」で種類も色々ありましたが、子供が選択する要素は袋に書かれている「絵」が重要な情報でしたので、「絵」に惹かれていざ購入してもうまく組み立てられない、或いは、組み立てたけど書かれている「絵」とは全然イメージが違うなど普通に起きていた。

 

しかし、この飛行機も「駄菓子屋」ではなく「模型店」で販売されているのは少し種類が違い「完成品」が展示してあるので実物をみて買うことが出来た。だが、駄菓子屋に置かれているのとはメーカーも違うせいか「価格」が非常に高く子供には買うことが出来ない、憧れの飛行機でもありました。ましてや「完成品」も売ってくれるようになっていますが、制作費が入っているのでとんでもなく「高額」で、只々憧れの商品でしかなかったです。

 

さて駄菓子屋で買ってきた組立の「飛行機」は翼の部分になる「竹ひご」を曲げる事からが大きなポイントになります。ロウソクの火であぶりながらゆっくりと曲げていくのですが、ちょっとロウソクの火に当てすぎて焦がしてしまい、果ては「ポキッ」と折れてしまい初めはガッカリすることが多々ありました。多少の予備(1本位)は入っているのですが、組立の先へ進むことが出来ない。

 

そして悩んでいると父親が大きさの違う空き缶を持ってきて缶の中にロウソクを立てられるように針金を加工してくれ、直接の火であぶるのではなく缶の外側の熱くなっているところにあてがいゆっくりと慌てず曲げていくと綺麗に曲がることを教えてくれるのでした。色々な大きさの缶があるのは、翼の端の湾曲が作成図(原寸)に曲がるタイプの缶で曲げないといけない事も教えてくれました。

 

この竹ひごが曲げられると「リム」翼の骨組みにある部分の接着で羽の形は出来ますので、後は最後の「紙」を貼る行程、ここでも綺麗にピンと張りのあるように貼りたいから止め口からギリギリまで引っ張り貼ろうとすることで、結局、元からのりが剥がれるか最悪、紙が破れるの災難に遭遇するのが普通に起きる失敗でした。

 

紙のたるみも、後から霧を吹いて乾燥させると張りのある「ピン」とし綺麗になることを教わるのでした。完成後、広場で初飛行!? よく飛んだと思ったら家の屋根に乗ってしまったり、最悪は、消息不明でそれまでもよく起きた最後でした。

竹馬

 

牛乳瓶の紙ぶたでも書きましたが子供の「収集癖」、とにかく集めることに全力を注ぐ野心は何なのでしょう。このマッチの「ラベル」も対象の一つでもあり、収集方法はどのように集めるか? マッチの「ラベル」など駄菓子屋では売っていません。この「ラベル」の収集自体も私の生まれた日暮里町にしかない個有の話かも知れません。

 

このマッチのラベル、住まいの近所にマッチのラベル貼りの内職工場(ないしょくこうば)があり総勢6人くらいの、おばちゃん、おじちゃんがひたすら小型の「マッチ箱」の両面に「ラベル」を貼り付けている仕事をしているのです。そしてその作業をいつも見学に行くのです。見ていると、気が散るのかそこら辺に余っている「ラベル」を何種理かまとめて持って行きなさいと持たされ追い払われる。

 

そして子供同士で山分けすると、色々なデザインで綺麗な厚手のシールのようなラベルが手元に入るわけです。何故、コレクションをするくらい種類が集まるかというと他の家でもマッチラベルの「内職」をしている家があり、遊び仲間の友達の家だったりで自然と種類が増え、今度はいつものごとく互いの交換ではなく「勝負」で取り合う遊びの対象となるのです。

 

遊び方はラベルを裏返してちゃぶ台の上に広げて、手をすぼめて上から叩き表麺にひっくり返す。ひっくり返すことが出来たら連続ででき、それが自分の取り分になるのです。一応、裏がしてあるので紙の色合いの違う物もあるのですが、相手が持っている珍しい(金、銀色)が入っている物もあったりで子供ながらに欲望に駆られるのでした。