縁起

平成22年酉の市

 

平成22年酉の市

一の酉 11月7日(日)午前0時~24時

二の酉 11月22日(金)午前0時~24時

酉の市各所

写真:浅草鷲神社

更新がまたも年間単位になってしまいました。ていたらくで申し訳ありません。言い訳になりますが、こんな状況下「仕事」は不景気知らずの貧乏暇無しです。職人さんの世界では厚生労働省より「現代の名工」の認定を拝受いただけたお客様や、パン職人の世界では新たな取り組みに業界各方面から、注目、支援いただきながらの実務レベルで「人づくり」と「仕組みづくり」を行っております。

 

公開はしておりませんが、テレビで番組に採用された取り組みも多々あります。「黒子」に徹する万屋(よろずや)家業、ジャンルは違いますが大きなイベントのホームページもご指名頂き管理を委託されております。つい最近までは、自身の後継者育成も手がけておりましたが訳あってファームは解散。

 

つい先日還暦を迎え、この先の残された時間で何処まで自身の考えを遺せるか真剣に取り組んでおります。また、なにより優先しなければならない重要事項?「いいものにっぽん」のホームページ完成、どうにも頭の切替が出来ず、ずるずると「そのまま・・・」が続いております。ご来訪いただける皆々様にはご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

縁起文字

 

「縁起文字」正式な名称が判らないくらい不思議な商売の方です。興味を持ちながら話す機会もなく消滅してしまった。時はさかのぼること20年前、年末になると築地の魚河岸に出没する2人組、人垣ができるほど野次馬でごった返している。

 

なにをしているかというと、色々なご商売の方たちがご自分の「屋号」を紙に書いて相方に手渡す、すると白紙の紙ポスターサイズ(A1版)位の紙に見事なまでの屋号の文字を縁起のよい干支、鶴、亀、松、竹、梅を屋号の文字に絡めて(この辺は説明しづらい)3色ほどの墨汁で気合 とともに一気に書き上げる。

 

それは見事な縁起文字となりまさしく「芸術」ともいえる作品となります。とにかく人気があり順番待ちもすごく、とても話 し掛けることなどできない状態が続く、3年目には時間をずらして遅く行った らいない、それが最後となり、後、近くのお店の方に聞いたのですがもう来ていないとのことでした。やはり素性は誰も知らないとのことでなんとも残念なことをしました。横丁の職人でもあり芸術家でもある。