背負子

背負子の行商人

 

今の時代では姿を消してしまった物流の原点ともいえる「産地直送」も兼ねた人力による「背負子」を使い何十キロにも及ぶ重量の「野菜」、「果物」、「卵」、「米」、「餅」、「菓子類」等々、下町の界隈を一軒一軒立ち寄り「行商」をする「おばちゃん」、たまに「おじさん」も出現する。荷物を背負っている人の背丈くらいはある色々な食べ物の詰まった箱や風呂敷、子供ながらに立ち寄ってくれるのを楽しみに待っていた。

 

それは、親たちも同様だった。理由は、新鮮であることと近所では手に入れることが出来ない、珍しい食べ物で、価格も安く売ってくれるためでした。同じ町内でも何人かの「背負子」のおばさんやおじさんが回っていて、それぞれ特徴があったことを覚えている。そして、持ってくる量に限りがあるため、最後の方にはほとんど無くなってしまう。
そのために、いかに常連として買ってくれるのかが「背負子」の人たちへの信頼関係を結ぶことによる優先度合いになるのでした。

 

持っていても「注文品だから駄目」で断る。しかし「常連さん」の所へは売ってくれる。私の家は家族が多いので、結構な量をいつも買うことから「常連さん」の位置づけになっていたようでした。だから、色々な行商の人が立ち寄ってくれました。少し知識が付いて感じた疑問、商品の販売価格に「定価?」がない。昔流の「相対商売」悪く言うと「人の顔をみて価格を決める」こんなやりとりが普通なのですが、決して汚らしくない。

 

むしろ「粋」な情景に見える面白い商売も特徴でした。「餅菓子」は、今普通に手に入りますが正月以外手に入らない「お餅」等は子供にしてみれば楽しみでした。あと「草餅」や「大福」と言った生菓子、近所の和菓子屋さんで買うことのできる物もあるのですが、自然で飾り気のない田舎の素朴な「和菓子」はとてもおいしかったのと、量が限られた商品で買えるのは「常連」の特権でもありました。

 

この行商人の中で特に印象に残っているのが「卵屋さん」のおじさん、背の低いおじさんで、後に当時持っていた量を換算してみたら背中に5箱、両手に1箱づつ持って総重量「70キログラム」はあった勘定です。とにかく「新鮮」そのものです。朝方産み落とされた卵をそのまま持ってくるのです。このおじさんの人気はすごく、私の家は大体昼頃に現れ最後になることが多かったのですが、残っている「卵」を全部買い上げるので親たちと世間話をしながら、かなり「おまけ」をしてくれていたようです。(当時は今のような緩衝材がないので卵は籾殻の中でぶつからないようにいくつかに仕切られ埋まっていた)

 

そして、しばらく休憩をして再度午後の販売のために茨城の自宅へ戻り午後からの販売のために引き返すのです。このおじさんは私が中学生になる頃まで町内へ行商を続けていましたから、すごいバイタリティーに感心していました。昭和40年のころには、私の町内では「背負子」で行商する人はほとんど見かけなくなってしまいました。