見世物

小さな映画館が区内に身近な娯楽として邦画専門、洋画専門の映画館があった。

 

 

昭和30年代、「テレビ」がまだ一般家庭に普及していなかった時、大人も子供も唯一の楽しみであった「娯楽」で大きな影響を受けていたのが「映画館」でした。私が住んでいた日暮里町だけでも「邦画専門※近所の名画座」、「洋画専門※近所の三島館」の「小さな」と言っても100人は入れる。少し離れると2階席もある所もありました。

 

たまに、映画などで当時の映画館の描写などがあり言葉の表現が悪いのですが「小便くさい」がそのまま当てはまる実際の状況でした。しかし、この時代誰もそんなことは考えていなかったと思います。近所の邦画専門の映画館で上映されていた「二等兵物語」、伴淳三郎と花菱アチャコの戦争を題材にした映画では物語に大人も子供も皆スクリーンの中に入り込んでいた気がします。

 

子供向けでは「スーパージャイアンツ※故 宇津井健」、邦画のSFでは「マタンゴ」や「モスラ」、洋画では「シンドバットの冒険」、「宇宙大戦争」等、洋画専門の映画館へ見に行きました。確か邦画は安いところで「35円」、普通の邦画館で「45円」、洋画専門館は「55円」だったと記憶しています。そしてテレビが普及しだした時でもあり、私も近所の映画館へも足が遠のき始めた頃でもありました。

 

その中でも邦画「世界大戦争※故 フランキー堺」を観に行ったのは何か身近に感じた映画でした。それは、映画の中の一部のシーンでしたが友達の家が撮影に使われたからでした。映画の撮影をしているところを遠く離れて見ていて、とにかく大人数であれやこれやと忙しく動き回っている姿を始めて見たときは訳が分からずでした。

 

そしてどうなって映っているかを見たくて観に行った映画でもあったのです。ちなみにどこかと言うと、今の西日暮里駅の脇にある崖の上の開成高校の野球グラウンドのすぐ近くにある友達の家で当時は都内が一望できた見晴らしの良い場所でした。
そんな庶民の娯楽の映画館もテレビの普及に伴い、1件、2件と「廃業」を余儀なくされ無くなってしまいました。

 

追記

 

昭和38年、中学校までは学校の授業の一環で近くの映画館まで歩いて行きました。上映されたのは、小学校は「大鵬物語」、中学校は「キューポラのある街」をぞろぞろ引率の先生が引き連れて映画鑑賞を行っていた時代です。見終わった後、教室へ戻ると待っているのは「感想文」です。

 

学校とは違う、新宿「ミラノ座」へ兄に連れっていってもらって観たディズニー映画「うっかり博士の大発明 フラバァ※昭和36年」は大きなスクリーンと大音響で大興奮した思い出もありました。

見世物小屋

 

今ではほとんど見かけなくなった「見世物小屋」、小話で使われたネタに見世物小屋の呼び込みで「大イタチ」の話が有名ですがご存知でしょうか? 客が興味本位に「木戸銭※入場料」を払って見た物は「大きな板」に「赤く塗った点」で「大板血」と洒落の落とし話で使われていました。ここに書くのは小話ではなく本当の「見世物小屋」の話です。

 

私が行っていた縁日でも数年に一度くらいの出し物で、子供ながらに好奇心をくすぐられる貴重な楽しみでもありました。当時の小屋への呼び込みで一番印象に残っているのは「蛇喰い女」が強烈に印象に残っています。後は、今では人道的な観点から絶対にいけない障がいのある人を見世物としていた事ですが、時代の流れでこのことが許されていた事実があったことだけにとどめさせていただきます。

 

但し、「蛇喰い女」に関しては一つの「特技」として書きます。読んで字のごとくそのままに、生きている蛇を丸かじりして食べてしまう。なんともグロテスクな見世物でしたが、見世物のクライマックスで最後に上演される見世物です。でかい網が張ってある「飼育箱?」の中に「青大将」、「ヤマカガシ」、「白蛇?」等がたくさん入っている「飼育箱?」から何匹は取り出し、体にまとわりつかせて客席のすぐそばまで寄ってくる。

 

思わず前に人たちはたじろぎ後へ下がる。女の人はキャーキャー声を上げて逃げ惑う。妙な音楽と爆音のアナウンスの演出と共に場内は盛り上がります。これは、わざと表に聞こえるように演出で行っています。
この後の下りは少しグロテスクな話になりますので、自今判断で読み進めてください。

 

しばらく騒いだ後に、持っていた蛇を「飼育箱」に戻し、今度は「小さめの蛇」を取り出し棒に絡ませ、またも見せて歩くのですが今度のは少し小さくそんなに騒ぐ人も少なく、これからどうなるんだろうのか期待の方が大きいのかもしれません。一通りの演出が終わるとコップに入っている水を口に含み、蛇に向かって吹きかけると蛇の頭の後にかぶりつき蛇の頭を食いちぎり、台の上に飾るように置くと、今度は胴体をそのままにかぶりつきながら本当に食べてしまうのですが、当然、完食はせず二口ほど口に含んだところで終了となります。

 

1日に、何度かの入れ替え(ステージ回数)があるので限度もあると思いますが、こんな漫画に出てきそうな事が、本当に縁日の中でも変わり種の見世物として存在していたのです。
この事実を裏付けるように生まれながらに両手、両足、欠損、日本のヘレンケラーとも言われる「中村久子 女史」の自伝の中で自身の生い立ちの一部として同様の事が書かれています。