50円の「オーダーメイド」の「野球バット」と30円の「オーダーメイド」の「卓球ラケット」

 

タイトルを見て「?」が沢山浮かんでいる事と思います。私の住んでいた荒川区日暮里町の家の周りの色々な職業が混在していた頃のお話です。今もある会社で皆さんご存知の「トンボ鉛筆・ハーモニカ」の工場も家から子供の足で2分と掛からない所にありました。
子供ながらに、色々な人づてでタイトルのごとき「オーダーメイド」の「野球バット」や「卓球ラケット」がお小遣いを少し貯めれば自分の好みの形で作ってくれた本当の話です。

 

職人さんが子供向けに作ってくれた、この会社は現在も大きなメーカーで活躍していますので、当時の職人さんの事を考慮し名前は伏せさせていただきます。野球バットの注文は夕方5時移行の時間で6時前までと決められていましたので、この時間に合わせて工場の裏手にある「材料置き場」へ出向き、自分の好みの木材を探します。気に入った色合いの木材を見つけ、工場の中で片付けをしている職人さんのところへ、選んできた角材を渡すと大凡のバットの先の太さ、グリップの太さ、バットの先端の形状(角丸か芯を凹ませる)、そして長さを伝えると、機械(ロクロ)にセットして成形が始まります。

 

角材が沢山の切りくずと共に丸くなって行くのを眺めていると、途中で機械を止めて職人さんから「確認しろと」声を掛けられます。そして、子供なりの目で見て、グリップの感触を触って確かめ良いですと伝えると、今度は仕上に入り木の表面がツルツルになっていくのを見ることが出来ます。但し、バットの「芯」の加工や「塗装」はしていません。しかし、無垢ですが磨きを掛けてもらったバットの表面はツルツルでなんともいえない「マイバット」に生まれ変わるのです。完成後に「50円」を支払自分の物になります。

 

このバットの他に「卓球ラケット」を作っている工場(こうば)があり、こちらは同級生の家だったので遊びに行くと「30円」で新しい形の物が出来るから作ってあげるよと、友達のお父さんに声を掛けられます。当時、卓球のラケットの形は「角丸四角※ペンラケット」と言われる形状がほとんどの時代でした。この形のラケットは、友達の家で作られていた「不良品」をもらっていたのでもっていたのですが、「新しい形」とは「丸形」の「シェイクハンド」と呼ばれる形の製造が始まったことを意味していたのです。

 

始めて見る形に驚きと何やら貼り付けるラバーも最新の素材らしく、いわば試作のような形なので「30円」の手数料?となっていたようです。但し、グリップは木材でゴツかった記憶があります。それでも近所の「卓球場」へ持って行くと、珍しがられて「貸して」の声が多く掛かって即席の人気者になりました。昭和30年初頭、当時の下町は本当に「家内工業?」が沢山ありました。しかし、町の変化で「騒音」、「臭気」等々で地方へ移設していってしまいました。

 

他にも「テニスボール」を作っているところがあり、ゴミ置き場に不良品として捨てられている「テニスボール」が沢山出ている。それを子供ながらに恐る恐る工場の人に「一つもらえませんか?」と代表を決めてお伺いをしていくのです。すると、工場から出てきて子供の人数分良い物を選んでくれて、各人1個づつくれるのでした。下町の家内工業で最も有名な「おもちゃ屋」さんでゼンマイ仕掛けで動く世界的にも有名な「おもちゃ屋」さんが我が家から1分の所にあって、こちらは年に数回「バザー」があり「破格値」で工場の倉庫で販売されるときがあり楽しみの一つでもありました。

 

当時は今考えると本当にのんびりとした時代でした。今、ギクシャクとした時代に、何の役にも立たない自己の記憶を文字にするだけになっておりますが1億人の一人の方でも何かを感じてもらえればと書き起こしております。