昭和30年代 上野、アメヤ横町の活気

 皆さんご存知の上野にあるアメヤ横町、昭和30年代に子供の目で見たここはもう別世界で平日、日曜も関係なくいつも人込みのがある街。食品、衣料品、見るものすべてが初めてのものばかり、ガム一つとってもものすごい数の種類があり色、形と選ぶのに迷います。
 価格も安く子供の小遣いでも十分に買うことが出来、チョコレートも種類と形状の違った物がたくさんありました。その中でよく買ったのがコインチョコ、いろんな外国のコインを模したアルミホイルでお金のように包装されたものです。この当時は、ほとんどの菓子類は輸入品が多く本当に見るだけでも楽しかった思い出が頭に残っています。そんな昔のアメヤ横町を舞台に短編のお話を書いて見ました。興味がありましたら、ご笑読ください。


昭和30年代の東京上野はアメヤ横町。
アメヤ横町は、いつも多くの人で賑わっていた。
早朝から、商店街の店主たちが、店の準備に取り掛かっていた。
「おはようございます。」
「おはようございます。」
商店街の人々は、元気よく挨拶を交わしながら、仕事に励んでいた。
午前中になると、買い物客が商店街に足を運び始めた。
「おばあちゃん、今日は何買う?」
「お菓子でも買ってあげるね。」
母親に手を引かれた、幼い子供たちが、目を輝かせて、店先の看板を眺めていた。
「いらっしゃいませ。」
「今日は、何をお探しですか?」
店主たちは、笑顔で買い物客を迎えていた。
商店街には、さまざまなお店が軒を連ねていた。
「いらっしゃいませ。今日のおすすめは、このお魚です。」
「お刺身にすると、とても美味しいんですよ。」
魚屋の店主は、活きのいい魚を、買い物客に勧めていた。
「いらっしゃいませ。このお野菜は、新鮮ですよ。」
「ぜひ、お試しください。」
八百屋の店主は、色鮮やかな野菜を、買い物客に見せていた。
「いらっしゃいませ。この洋服は、今季の新作です。」
「とてもおしゃれですね。」
洋服屋の店員は、流行のファッションを、買い物客に紹介していた。
商店街には、人々の笑い声が響いていた。
「今日は、おばあちゃんと一緒に、お買い物に来たよ。」
「楽しみだね。」
母親と手をつないだ子供たちは、楽しそうに商店街を歩いていた。
「このお店、いつも混んでるよね。」
「そうだよね。でも、美味しいから、ついつい寄っちゃう。」
友人同士で買い物を楽しむ若い女性たちは、美味しそうな食べ物に目を輝かせていた。
「今日の買い物は、これで終わりかな。」
「はい、もう少しだけ見て回りましょう。」
夫婦で買い物を楽しむ中年の男性たちは、ゆっくりと商店街を散策していた。
アメヤ横町は、人々の日常に彩りを添える、活気あふれる商店街だった。

 この物語は、昭和30年代のアメヤ横町の活気を描いた物語です。
アメヤ横町は、さまざまなお店が軒を連ね、人々の日常に彩りを添える、活気あふれる商店街でした。
この物語を通して、昭和30年代の下町の風情や、人々の活気を伝えたいと思いました。

※動画はNHKアーカイブスのデータを使用しています。

Count per Day
  • 117今日の閲覧数:
  • 167昨日の閲覧数:
  • 1182先週の閲覧数:
  • 4133月別閲覧数:
  • 471378総閲覧数:
  • 65今日の訪問者数:
  • 112昨日の訪問者数:
  • 932先週の訪問者数:
  • 3368月別訪問者数:
  • 332436総訪問者数: