昭和30年代町内の子供は遊びが主流、なぜか「そろばん塾」へは多くの子供が通っていた。

 

子供の頃は本当に色々な「遊び」を兄弟や先輩から伝授され、一緒に表で遊びました。今のように「自動車」等も少なく、路地裏の道は何処でも子供にとっては全て遊び場です。道路の舗装自体も行き渡ってはなく、土がむき出しの路地が沢山あるので転んだりしても大きな怪我はしませんでした。

 

遊びの種類を並べると、お金を掛けない遊び「石蹴り」、「釘刺し」、「馬跳び」、「駆逐水雷」、「野球」、「缶蹴り」、「S字けんけん」、「縄跳び」、流行の「何々ごっこ」、駄菓子屋で買った物で遊ぶ、「ビー玉」、「ベエゴマ」、「コマ回し」、「メンコ」、「チエリング」、等々、沢山ありました。

 

こんな状況の時代です。勉強をきちんとしているのは、私の住んでいた町内会では、常に遊ぶことを優先していた遊び仲間10人に1人くらいで少なかったです。そんな、のんきな子供の多い町内ですが、何故か「そろばん塾」はほとんどの仲間が通っていました。だから、行動が常に一緒なのです。

 

そろばん塾に行っても、顔を合わせる事が多く「そろばん」の勉強をやっていても悪ふざけして怒られる。しかし、しばらくすると自然と勉強の差がでて「そろばん塾」に通う時間帯に差が生じてきて、「何級?」と競い合うようになって来る頃から「昇級」がうまく出来ずにいると「脱落者」も出始めましたが、結構、残留組は多く残りそれなりの「級」を取る仲間が増えた時でもありました。

 

色々な科目に取り組む姿は、真剣そのもの普段遊んでいるときには絶対に見せない。しかし、答え合わせが始まると、普段の顔に戻り互いの戦果を見せ合い。正解すると色の付いた「カード」がもらえる。そして獲得したカードを帰りがけに、「そろばん塾」の先生に枚数を報告しカードを返却する仕組で、規定の枚数まで貯まると昇級試験を受ける事が出来る仕組でした。

 

各子供の親たちは「読み書き、そろばん」の言葉そのままに、当時、「そろばん塾」にだけは通わせたのだと思います。遊びに夢中の仲間たち、そして他の町内会の遊び仲間も含め子供の社交場でもあった「そろばん塾」は別な意味で楽しい時間を過ごせた思い出になりました。
ちなみに私は小学校4年「3級」で脱落しました!!