2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ペーパーバック版

写真集(スイス編)

訪れたお客様

  • 75今日の閲覧数:
  • 88昨日の閲覧数:
  • 1062先週の閲覧数:
  • 2701月別閲覧数:
  • 61今日の訪問者数:
  • 79昨日の訪問者数:
  • 800先週の訪問者数:
  • 2040月別訪問者数:
  • 252282総訪問者数:

「昭和30年代 子供の思い出」として販売されました。

 

昭和30年代 子供の思い出

 

 こちらで掲載を行っておりました昭和30年代日常の出来事を再編集を行い、全編「イラスト・写真」の挿絵を入れて一冊の本にまとめ、タイトル「昭和30年代 子供の思い出」としてアマゾンより販売されました。Kindle版もあります。おまけの情報として「市と縁日の開催予定」の一覧表も日別、月別で掲載しています。

  • ASIN ‏ : ‎ B09TZBPHWV
  • 出版社 ‏ : ‎ Independently published (2022/3/12)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2022/3/12
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • オンデマンド (ペーパーバック) ‏ : ‎ 207ページ
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 979-8799541293
  • 寸法 ‏ : ‎ 18.21 x 1.24 x 25.68 cm

改題と新規ページ増設のお知らせ

 

 改題「むかしぶ」を「子供の昭和30年代」へ変更しました。増設「少し大人の昭和40年代」として、大きく時代が変わっていった昭和40年代の町の情景や食文化、実際に仕事で関わっていた昭和の「IT事情」等を書いていきたいと思います。

 

 このブログ、またも2020年12月から2年4ヶ月の期間、放置状態となってしまいました。今年、後数ヶ月で72歳を迎えますが未だ現役で仕事(自営)を行っております。仕事の内容も整理、縮小し限定的な範囲で運営を行える形にしてきました。

 

 残された時間を私的な外での活動を広げる為、遅ればせながら「御朱印」を集めながら各所で行われる「縁日」にも出かけ写真撮影と情報収集を行う予定で動き始めた矢先の「新型コロナウイルス感染」が蔓延したことで活動自粛となってしまいました。

 

 私自身も持病を持っているため感染リスクを考え、本当におとなしく動ける範囲で仕事は続け今に至っております。しかしながら、当然ですが仕事優先でテレワークではなくホームワーク?

 

 パソコンに向かっての仕事がほとんどですが、それでも私事ですが結構色々な事柄が多く、中々頭の切替と行動の切替がうまく伴わず一つ一つしか処理ができない自分にいらだちながら今に至ってしまいました。

 

 あとどの位の時間が残されているのかは分かりません。しかし、自分にむち打って新たな挑戦でもあり、何処まで出来るかの疑問もあるままに、このページを充実させる事と「少し昔の昭和遺産」の形で書き残しておきたいと思い第一弾として「昭和30年代 子供の思い出」を本にさせていただきました。

 

 第二弾、第三弾・・・で、色々な情報をこのブログを通じ改めて形にしていきたいと行動することを決めました。これからも続けることが出来なくなるまで、残された時間を生かしていきたいと思います。

お正月、西新井大師へお参りには是非「おみくじ」を!!

 

あと数日で新しい年を迎えます。私は毎年「元旦」に「西新井大師」へ20年近くお参りに行っていました。と、過去形になったのは、ここ数年前からお参りされる人が増え裏道からも車の渋滞がひどく、息子たちに途中から降ろしてもらいお参りするにも境内の状況も人であふれており、お参りまでの時間的な猶予が限られているため遠のいてしまいました。(お墓参り3カ所を回ります。)

 

過去になってしまいますが、まだ人混みもそんなには無いとき西新井大師に詣でたときは、お参りをすませ必ず境内にある「おみくじ」を引くことが自分の中で年始めの行事としていました。「おみくじ」の判定?も一つの楽しみでもありますが、おみくじの中に入っている「縁起物」を集めるのも楽しみの一つにしていました。

 

これから「西新井大師」へ詣でる予定されている方がおりましたら、是非「おみくじ」を引いてみてください。もし、これから私同様に集めてみようと思われる方は、おみくじの種類が増えているようなので写真の左下角の形を参考にしてください。

 

「おみくじ」の中に入っている「縁起物」の種類は12種類(熊手・軍配うちわ・恵比寿・さる・達磨・招き猫・六瓢箪・銭亀・お多福・大黒天・小槌・鷽鳥)あります。私は11種類まで揃ったのですが、残りの「鷽鳥※うそ」だけが揃いませんでした。私、女房、息子たちの分も含めて見たのですが、どうしても揃うことなく今に至っておりますが、正月を除いたところでお参りの再開を行いたいと考えながら新しい年をお迎えします。

 

「いいもの にっぽん」へ訪れていただいた皆様、今年もありがとうございました。来年もよい年をお迎えできますようお祈り申し上げます。