ニッキ棒

 

「ニッキ棒」と言われていた駄菓子屋でもかなりマイナーな駄菓子?でした。形態は10センチにも満たない「小枝?」が何本か束ねられていて紙の帯で止められていました。
この枝をどうするか? 単純に口に含み「チューチュー」としゃぶるのですから、なんとも異様な光景でもありました。どのような味がするかと言いますと「甘いニッキ味」がしみ込んでいて味がなくなるまで口に入れていました。

 

味がなくなったら次に交換して、また口に含むの繰り返しのなんとも不思議な駄菓子で子供仲間でも買うのは私位でした。まずいから嫌だとの子供の中の評判であまり売れていなかったようにも見えました。私、変わった駄菓子が好きで常に新しい駄菓子の発見をしていたので、かなり遠くの駄菓子屋まで探索をしていました。しかし、あの小枝は何なのかは全く判りませんが、マナーが悪いですがどこかに捨てても自然に帰るので環境には良かったのかも知れません。

 

子供相手の駄菓子ですが甘い物が主流でしたが、何故か「ニッキ味」が色々な駄菓子に付けらられていました。「飴」、ビニールパックの「色水?」ジュースではなく本当に色の付いた「水」、コレは今でも夏向けの商品でスーパーに売っている「氷菓子」の部類の商品です。それと「寒天」、「麦焦がし」のニッキ味、これ麦のストローで吸い上げて食べるのですが、喉に直接入り「むせる」のですが、子供ながらに今思うと怪しい刺激だったのかも感じます。

 

しかし「ニッキ」とは何かネットで見てみたら、シナモンとの違いやら色々出ていましたが香辛料のジャンルはとても難しいので気になったらネットで見てみてください。すみません、いい加減な情報で、当時、合成甘味料全盛の時代、使われていたニッキも本物かどうなのかですね。